10
9
11
13
16
22
23
29
   

リバーダンス2005

10月最後の大イベントの日。
 
リバーダンスを見に行ってきました。
 
場所は大阪・フェスティバルホール。
 
面白かったです。

いわゆるリバーダンスあり、フラメンコあり、
タップダンスあり、歌あり、バンドのソロあり、
いっぱいいっぱいいろんなものが楽しめる舞台でした。

ヨーロッパの民俗音楽ってイイ。
なんか暖かくて、でも寂しくて、人情味あふれていてイイ。
ドイツの民俗音楽を時々聴くのですが、
リズム感というか、わくわく感がとても心地良いのです。
もちろん、アイルランドの民俗音楽も素敵です。
 
そうそう、今回の公演では、
日本人ダンサーが踊っている、ということで、
休憩時間のトイレでは、
オバサマ方がその話を必死でしゃべってはりました。
日本人ダンサーは、他のダンサーに比べると小柄な男性なので、
2階席に居た私たちでさえも、見つけることができました。
 
2年前に見に行ったときよりも、
舞台が近くに感じられたものの、
「今度は1階席の前の方で見たいね!」
というのが、本音。
 
今度は、たまちゃんと一緒に行けると良いんだけどな~。
 
 
いやいや、それにしても、
待ちに待った大イベントは、
とおっても楽しかったです。
ありがとうね!しげお!
 
妊婦生活の中で、一番の思い出になりそう。
 
でもって、たまちゃんも、
この日のことを覚えていてくれると嬉しいな。
 
胎動?のようなものは、
1週間前から感じ始めているのですが、
しげお曰く「腸の動きでは?」とのことで、
私もまだ実感できておりません。
 
リバーダンスを観ている間も、
ボコッとお腹が押されるような感触があったのですが、
お腹の中のガスの動きなのか、胎動なのか
見分けがつきまぬ。うーん。
 
でも、リバーダンスの面白さは、
たまちゃんにも絶対に伝わっているはず!
 
うん、たまちゃんの将来は、ダンサーだね!きまりっ!


スポンサーサイト

さらし、巻きました

昨日10月29日は戌の日。
 
5ヶ月目に入った妊婦は、戌の日に安産祈願をする、
という慣わしがあるので、
我が家も安産祈願で有名な中山寺へ行くことに。
 
土曜日&大安ということで、
たくさんの妊婦さんたち&家族が訪れていました。
 
駅前や山門の前では、
メリーズの試供品が入ったピンクの袋が配られており、
みんながみんな、ピンクの袋を持って
中山さんを訪れる姿は、ちょっと滑稽。
 
受験に来た学生みたいです。
 
新しいマーケットへようこそ!
というか、新しいマーケットで
たくさんのお金を使ってくださいね!
と言われているようで、むず痒い・・・。
 
んま、今までは逆の立場でしたからね。
合格発表の日に学校に行き
「おめでとう!」と言いながらも
「このチラシを受け取って入会してくれ!頼む!」
というような営業活動、やってましたからねぇ。
 
んま、そんなわけで、
お参りをして、
安産祈願をしてもらったさらしや
お守り、ろうそくなど一式をいただき(というか、購入して)
イベントは終了しました。
 
「安産をお願いしてきた」というのが、
一番の目的なのですが、
初めてさらしを巻いたり、
親が作ってくれた赤飯を食べたりして
「昔から伝わる妊婦としての行事」を
体験できたことの満足感の方が大きいです。
 
そうそう、さらし、心地よいです。
 
でも、お腹の下を支えるのが目的なので、
お腹のかなり下で巻くため、
トイレがちょっと不便なんです。
だから、脱ぎ着が簡単な、
コルセット型のパンツを購入しようかな~
なんて思っています。

今度、西松屋に行って、探してみようっと。
 

で、お参り後は、
阪神百貨店に行き、マタニティ&タオルを物色。
ええもんは、セール品にはなってまへんなあ。
 
んで、エンジェリーベに行き、
マタニティ用ジーンズを購入して帰宅。
しばらく仮眠してご飯食べて、また寝て・・・。
 
午前中に大きなイベントを終えてしまったので、
その後は、いつも通りの休日になっちゃいました。
 
にしても、しげおは、妊婦でもないのに、
なんでこうもグウタラなの?!
 
いつものごとく、ビールを飲んだ後は、
イビキをかいてゴーゴー寝るし、
朝は、何度言っても起きてこないから
こっちがキレたい気分なのに、
しげおの方が、起こされた不機嫌さで
いっぱいの表情で接してくるし。
 
ったく、これで、ちゃんとお父さんになれるの?!(ぷんぷん)
 
安定期に入ったとはいえ、
もうちょっと、
妊婦にサービスしてくれたっていいじゃない!(ぷんぷん)
 
たまちゃんが産まれたら、
2人きりの時間なんて持てないんだから
今のうちに、いっぱい2人で楽しもうよ!
と言って、遊びに連れて行ってくれたり、
彩猫の好きなもの、食べに行こうよ
と言ってくれたっていいじゃない!(ぷんぷん)
 
ったく、もぅ・・・。
 

「妊娠、育児中は、旦那さんとよく喧嘩をした」
と友人は言っていたけど、
ほんと、立場がほんの少し違ってしまうだけで、
分かり合えないことが、増えてしまうんやね。
 
ま、その友人も、今となっては
「なんで、あんなに怒ってしまったのかわからない」ほど
仲良くしているんだけど、ね。
 
そうそう、最近、しげおは
私に念力を送っているらしいの。
 
「背中のココを掻いて!」とか
「ケーキ屋の前で、職人さんたちのケーキ作りを見たい」とか
念じているんだって。
 
でも、私には届いていません。
 
一方、私も

「もうちょっと、ゆっくり歩いてよ」とか
「この荷物、持って欲しいな」とか
「たまには、掃除、洗濯を自発的にやってくれないかな」
とか念じているのですが、伝わりません。
 
念力は、念じるものじゃなくて、口に出すものです。
  

エスパー夫婦になるには、まだまだ年月が必要なんよ。


ま、また?!

ま、また?!
 
お断りしました。大学案内のライティングを・・・。
 
以前から、猛アプローチをかけていた会社から
「大学案内の制作が佳境に入るので、手伝って欲しい」
とのメールが来たのです。

転職前、
「正社員として雇ってくれ!」
と飛び込みで営業した際には、
「人員募集予定はありません」と断られ、

フリーになってから
「外注スタッフとして雇ってくれ!」と営業したら、
「今は、正社員を探している」
とのことで、連絡が途絶えていた会社なんです。
 
そんなところから、
せっかく来たお仕事を、断ってしまいました。

ま、毎年11月は、
大学案内の制作が忙しくなる時期
ってことは、知っていたのですが、
こればっかりは、ねぇ・・・。
 
フリーのお仕事って、
案外、仕事を選べないものですね。うん。
 
ま、縁とか運なんでしょうね、こういうのも。
長い目で見たら、今回断った仕事なんて、
どってことないのでしょうが、
今は、ちょいと複雑な気分です。どよん。
 
明日は、中山寺に安産祈願に行ってきます。
 
でも天気予報は雨。どっよーん。


やるからには東大を目指せ

ドラゴン桜、なかなか良い漫画っすよ。
 
受験テクニック本というイメージがあるけど、
要は、昔から言われていたオーソドックスな勉強法を
かっこよく、しかもコーチングの話も盛り込みながら
伝えている、という感じで、
大人が読んで満足できる漫画です。
 

参考書を買い漁るんじゃなくて、
基本は教科書で十分。
 
とか、
 
単語帳に線を引いて勉強した気分になるのではなく、
逆に線を引かないことで、
「まだ覚えていなかったのかも?」と
一生懸命覚えようとする気持ちを引き出せ。
 
とか、
 
これ、おいらの受験時に
言われていたことと同じじゃないか。
受験で成功する方法って、
やっぱ今も昔も同じだな~なんて
懐かしみながら、読みふけてしまいました。
 
そういう意味でも面白いです。
受験時代が懐かしくなります。
  

で、やるからには

「東大を目指せ」

という、ストレートなメッセージもグー!
 
矢島が桜木先生に
「東大に入れたとしても、
 入った後で、将来何がしたいのか悩むんじゃないかな?」

って聞くんだけど、

「どんな大学に入っても、悩むんだよ」
 
ってのも、納得。
どんな大学に入っても、
将来のことで悩まない人なんていないもんねー。

でも、東大に入ったっていう自信があるかないか、
って大事なのよね。

 
それに、しげおなんて、
大学といえば
「東大、京大」くらいしか知らなかったらしく

阪大卒の人に

「阪大ってなんですか?」

と聞いてしまったんだって。
 

阪大卒の人、どえりゃ~ショックだっただろうね~。
やっぱ、東大じゃないと、
わかってもらえないのか~(涙)ってね。 
 
んま、そんなこと言うたら、
私の卒業大学なんて、???レベルなんだけどね。

ま、それはさておき。 
大学受験を経験した人なら知っている学校名でも、
大学受験を経験していない人にとっては、
「どこかのIT業界の名前ですか?」程度の知名度なんよ。
 
だから、目指すなら
IT業界の楽天&ライブドアにならなきゃ。
 
そう、目指すのは、
オンリーワンじゃなくて、ナンバーワンね。 

かっこいいじゃん、そういう考え方。


筆頭者だってよ!

結婚して、旦那さんの名前になると、
氏名変更手続きってのが、
いろんな場面で必要になってきます。
 
たいていの場合は、
免許証などで変更手続きができるんだけど、
戸籍抄本を提出しないといけないものがありまして、
郵送で取り寄せたんですわ。
 
しげおに「本籍の筆頭者って誰かな?」と聞くと
「おとんちゃうか?」と言われたので、
お父さんの名前で請求したんですよ。
 
でもこれ、間違い。
 
今日、届いた戸籍抄本を見ると、
しげおの名前も私の名前もないんすよ。
で、問い合わせたら、
「しげおさんが筆頭者です」とのこと。
 
へぇぇぇ~~~!!!

こんなの常識!
あたり前田のクラッカー!
 
と言われるかもしれないけど、
わたしゃ、この事実に驚きましたがな。はい。
 
ただ単に婚姻届を出し、そこの本籍地欄に
しげおの本籍地を書いただけなのに、
しげおが筆頭者になっているとはっ!
 
筆頭者になるには、
すごーく歳を取らないといけないような気がしていたけど、
よく考えてみれば、ふたりの本籍地以外のところに、
戸籍を置くこともできるんだし、
結構、自由な感じね~、戸籍って。
 
ま、そんなわけで、
もう一度請求することになりました。
ああ、めんどくさい・・・。
 

 
それはそうと、日本シリーズ終わりましたねー。
 
タイガースって、4日間何してたん?
って感じで、ロッテに対する憎しみとか、
悔しかったね、という気持ちは全くなく、
「思いのほか、セールが早かった。よかったね」
という気持ちでいっぱいです。
 
で、早速、ジャスコに行ってみました。
平日の昼間にもかかわらず、すんげーたくさんの人たち!

独り暮らしをしていたときに
お世話になったお店なので、
懐かしさのあまり、上から下まで、眺め回して
めちゃめちゃ楽しんできました。

念願のタオルもゲット。
 
スタイ作りに励みます。
 
 

 
それはそうと、今日のメインイベントは
「マタニティスイミングの見学」でした。
 
1時間のスイミング教室が、1週間に2回あるのですが、
のーんびり浮いたり、呼吸法を教えてもらったり、
かと思えば、25mを普通にクロールで泳いだり、
面白そう。
 
たまたま助産婦さんが話しかけてきてくれて、
1時間近く、ずっとしゃべりながら、
勧誘されました。あはっ。
 
でもまあ、助産婦さんがきちんと
教室に張り付いてくれているのは、安心。
予定日過ぎても、来る人もいるくらいだから、
安心できるスポーツなのかもね。
 
仕事の調整や諸々の準備をしないといけないので
早くても12月から始めて
里帰りまでの2、3ヶ月のみの受講となりそうですが、
安産目指して、ちょっくら楽しんでみようかと思います。
 
にしても、マタニティスイミング教室を
開いているスイミングって、なかなかないのよね。
 
近所には、コナミ、YMCA、セントラル
と有名なスポーツクラブがあるにもかかわらず、
マタニティ教室を開いているのは、ゼロ。
 
おかげで、ちょいと遠くまで
車で出かけなければなりません。あー、めんどくさっ。
 
しかも、平日の昼間の大阪の道って、
どこも混んでいるのよねー。
なんだかんだで、
1時間前には出発しないといけない
ってのも、ちょいと疲れる。
 
ま、のんびりやればいいっか、って感じだけど。
 
それにしても、
ママ友達できるかな~?
ってことが、気がかり。
 
お友達作りって、昔から苦手だったし、
スイミングって、裸同然の付き合いでしょ。
これまた、恥ずかしい・・・。
んま、みんな、お腹ぼーんの妊婦さんだから、
恥ずかしいも何もないんだろうけど、ね。
 
 
ま、そんなわけで、
これから、ますます生活が
妊婦ちっくになっていきそうです。
 
スタイを作り終えたら、
まじ、おもちゃ作りに励もうと思います。
 
おっとー、
その前にスタイを完成させてから。
 
あと、クッションカバーも
可愛い生地を見つけて、作りたいです。
でも、なかなか良い生地が見つからん。
 
と言っている間に、来年になりそう。
 
やばい。早く取りかかろうっと。


奥様ファッション

最近興味があるのが、
マタニティファッションと奥様ファッション。
 
結婚を機に、奥様ファッションに
切り替える人もいるのかもしれないけど
(ちなみに私の身近には居ないけど)
妊娠を機に、奥様ファッションへ
切り替える人は多いかもしれません。
 
私もそうしたいと願っております。
 

 
奥様ファッションとは何か?
 
えーっと、
個人的な見解を元に、勝手に定義しますが
 
「落ち着いた」
「エプロンが似合う」
「いかにも人妻らしい」
 
そういうファッションのことです。
 
なんじゃそりゃ。
 
 
「落ち着いた」
 
新妻はよく言われます。
「結婚したんだし、落ち着いた格好をしなさいよ」と。
先日、なまり亭に出ていた新山千春も
実兄から、言われてはりました。
余計なお世話だぜ!兄ちゃん!
 
ミニスカをやめて
ロングスカートにしろということですか?
ピチピチの服をやめて、
ゆるい服にしろということですか?
派手な色遣いの服をやめて、
穏やかな色遣いの服にしろということですか?
 
理想の奥さんは三浦りさ子ですか、のりピーですか?
 
というか、のりピーと言っている時点で、
オバハンの領域ですか?
 
 
私は、未だに奥様ファッションには
辿りつけていません。

「今まで着ていた服、もったいないし~」
「しげおは、ミニスカを履くと喜ぶし~」
 
そう思って、ミニスカを履き、
実年齢よりも若い服装でイキっていたのですが、
(イキっているつもりはないけどー)

そろそろ

「落ち着いた」

ほうが良さそうです。31歳ですし。

 
確かに、町中を散歩していると、
「奥様ファッション」の女性を見かけますが、
彼女たちはミニスカは履いていません。
でも、決してオバハンではありません。
キレイです。三浦りさ子みたいです。
 
 
 
「エプロンが似合う」
 
そう、奥様ファッションの女性は、
エプロンが似合うのです。
 
えーっといわゆる、
白のレースふりふりのエプロンじゃありませんわよ。
 
ちょっと小粋なオシャレエプロンを
さりげなく付けていても、似合う服装なんです。
カジュアルというか、さっぱりしています。

おっと・・・。
小粋という言葉を使う時点で、オバハンの領域ですか?
 
でも、今まで着ていたサラリーウーマン時代の服は、
ほんと、さよならです。
いやいや、ライター業を営んでいるので、
取材着として重宝するし、捨てられないんですがね。
 
でも、どー見ても、
エプロンが似合う服じゃないんですわ。
哀しいかな。
 
でもって、このサラリーウーマン服が
やたらめったら散在しているのが
私のワードローブ。
ああ。ため息・・・。
  
 
 

「いかにも人妻らしい」
 
えーっと、奥様ファッションをしている人は、
いかにも独身じゃなくて、人妻らしいんです。
 
えーっと、
白い割烹着を着れば良いって問題じゃありませんよ!
 
髪を上に束ねて、着物を着れば良いって問題じゃありませんよ!
 
っていうか、そういうことを
「問題じゃない」とイキって言っている私って、
一体、何時代の人間なんでしょうか。バカみたい。
 
でも、人妻らしい服装って、
どうやったらできるのでしょうか?
 
平日の昼間にスーパーに行くのですが、
私と同じように、ちょい若者風の服装で
どう見ても独身者らしくない
買い物をしている女性を見かけます。
 
でも、彼女も私も、
一般のオジサンオバサンから見れば
実家に寄生するパラサイトニートにしか見えません。
 
パラサイトニートではなく、
奥様に見える格好がしたいです。
 
 
どうすれば良いですか?
 
切なる悩みです。細木先生に相談すべきですか?


正直、興味がない

日本シリーズ。

ロッテが優勝しそうな勢いですが、
タイガースファンのワタクシ、
正直、どちらが勝とうと、興味ありませんの。
 
なんでかねー?

リーグ優勝で十分だよ、って思っちゃうの。
日本一にならなくても、
タイガースなら許してあげたい、って思っちゃうの。
 
いや、ロッテに勝っても、嬉しゅうない、
という感じかしら。ぶっちゃけ。
 
常勝軍団の相手なら、負かしてやりたい!
って思うけど、ロッテもタイガースも
久しぶりに日本一を狙うんですもん。
どっちが勝っても、幸せだよねー。
 
あかほしだいすきっこ、という名前を
以前大々的に使っていたにもかかわらず、
こんな発言して良いのかしら?と思うのですが、
でも、どーでもいいですの。
 
どちらかというと、
日本一セールなのか、
応援ありがとうセールなのかわからないけど、
阪神百貨店とジャスコで行われるセールの方が興味があるの。
 
マタニティ服を買い足したいというのもあるし、
ハンカチ用タオルをいっぱい買って、
スタイを作ろうと思っているんですの。
 
スタイって何?と思われるかもしれませんが、
これ、よだれかけですわ。
私も妊娠してから知った言葉の一つです。
 
お出かけ用のオシャレなものは、
デパートに行けば、いっぱい売っているんだけど、
家用に作ってみたいな~って思ってまして。
 
ちょうど「たまごくらぶ11月号」に
作り方が載っていたので、ちょっとやってみるか、と。

ただ単に、ハンカチ用タオルを購入して
ちょっと紐をつけるだけの、
かんちんぷーなものなんですけどね。
100均に行ったら、いくらでも売っているんですけどね(爆)。
何か作ってあげたいじゃないですか。いちおう。
 
ニットものなんて、ぜーったい作れないし、
洋服なんて、とーんでもないし、
タオル地のガラガラおもちゃくらいは、
作れそうかな~なんて思っているけど、
まずはスタイに挑戦してみます。
 
1つくらい手作りのものがあれば、
親や友人たちに、
「これ作ってん」と自慢(?)できるでしょ。
ちょっとママになった気持ちになれるでしょ。
 
そんな感じで。
 
だから、
阪神百貨店ならびにジャスコのセールに
期待しているんですわ。
 
ちょっとでも安く仕上げたいしねー。 
 


でもって、
「子供が産まれたら、毎月の出費が2万円は増える」
との話を聞いたので、早速、積み立て預金をすることにしました。
 
ああ、節約生活、がんばるべ。
 
 
とか言いながら、
通販でマタニティ服を大量に注文してしまいました。
 
必要経費、必要経費、必要経費!


気持ちよか

週末、少しジャンクなものばかり食べ過ぎたので、
朝から2時間半ほど散歩にでかけてきました。
 
少し、いや
かなり離れた場所にある公園に出かけたのですが、
青空のもと、てくてく歩くと、気持ちが良かったです。

1週間に1回くらいは、少し遠出して、
この公園を訪れようと思います。
広いし、小高い山を登ると、
見晴らしの良い展望台になっており、
優しい風が身体を包み込んでくれます。
 
たまちゃんとのお出かけコースにしたいな。
遠いのが難点だけど。ああ。


ぐうたら夫婦

土曜日は、友人宅に遊びに行ったので
晩御飯は手抜きすることに。ごめーん、しげお。
デパチカで、トンカツなどを購入し帰宅。
 
しげおは、1日中仕事をしていたか、
スケートにでも出かけていたのかな?
と思いきや、1日中寝ていた、のだそう・・・。
 
ごめーん、と思ってしまった自分が情けない。
 
トンカツなどジャンキーなものを食したあと、
お布団に入りながら、テレビを見る。
1時間仮眠。ふと横を見ると、しげおもZzzzz・・・。
おい、1日中寝ていたんでしょ!こらっ!
 

翌日曜日は、秋晴れ。
 
うーん、寒くなってきたけど、澄んだいい空気!
 
といっぱい外の空気を吸った後、向かった先は
メディアカフェ。漫画喫茶ですわ。あはっ。

 
3時間ほど真っ暗な空間で、
ひたすら「ドラゴン桜」を読む。
おかげで10巻中9巻まで読破。
この先、まだまだ続巻が出る予定のドラゴン。
次は、いつ行こうかな~。
 
それにしても、メディアカフェってすごい。
今回が初デビューだったんだけど、
ジュース飲み放題で、シャワーもあり、
毛布もあり、インターネットもテレビも
見ることができるだなんて、すごいねー。
 
しかも、カップルで遊びに来ているお客さんも多いの!
ひょえー!!!
って、私たちは夫婦での来店でっせ。負けてへん!
親には言えないよね~なんて言いながら、
退店すると、あたりはもう真っ暗。
 
行楽日和の日曜日を、
メディアカフェで過ごす夫婦って、どうよ。
 
その後も、やはり晩御飯を作る気力が失せたため
石焼ビビンバを食べて帰宅。
 
帰宅後、即、布団に入って、
2人で雑誌読んだり、本を読んだり、テレビを見たり・・・。
 
うううう~!ぐうたら夫婦!
 
そういや、金曜日の夜は、
晩御飯後、すぐに布団に入って、
4時間ぶっとおしで「24 シーズン4」を見た。
 
ああ、今週末は、
ひたすら布団にくるまっていたなあ。
 
こんなんでいいのかな~?たまちゃん。
 
ま、来週末は、
アクティヴなイベントがあるので、
休養週間ということで、許してね。
 
来週は、たまちゃんもお楽しみのイベントだよっ!
元気モリモリで臨もう!おう!


ハンド部集合

8月末に無事男児を出産した友人宅に
遊びに行ってきました。
 
集まったメンバーは、
高校時代のハンド部女子7名。
そのうち妊婦4名。
妊婦4名中、すでに一児のママさん2名。
 
こんな7名が集まれば、
話題は子供の話や出産話ばかりです。
独身者や、既婚・子なし者が多かった頃の話題は
もっぱら恋愛&仕事だったのに、ねぇ。
 
とうとう、私も
ママ世界に足を踏み入れてしまった。
そんな感じです。
 
そういや、8月末に出産を終えた友人だけでなく、
すでに一児のママさんたちは、
みな、ママ服になってました。
独身時代は、かっちょいい服着ていた子も
流行をすぐに取れ入れるのが得意な子も
ママ服です。お母さん服というか、
なんちゅうか可愛い服を着こなしてました。 
 
ああ、まさにママ世界です。
 
ヴァンテーヌもLUCiも卒業ですね、とうとう。
ま、すでに妊婦になった時点で
卒業を感じてはいたのですが。
でも、なんか、寂しい。
まだまだ若いんだし(31歳、文句ある?!)、
もうちょっと、服で遊びたい気もするんだよなー。うん。
 
ま、産まれてきた子供と相談しながら、
ファンキーになるのか、お嬢様になるのか
考えてみることにしましょう。そうしましょう。
 

それにしても、ママたちはたくましい。
 
出産までに2ヶ月も入院し、36週目で出産。
周りよりも小さな子を抱いた彼女も
今では、笑いながら赤ちゃんをあやしています。
赤ちゃんもすくすくと育っており、一安心。

妊娠って、身体の変化だけでなく
精神的な成長も含まれているんだよね。
 
「妊娠~出産までに苦労しない人なんていない」
と一児の男児を持つ友人が言っていたんだけど、
ほんとその通りだと思います。
 
辛い思いをするからこそ、たくましいママになれる。
そんな気がします。うん。少し励まされたぞ。おう。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす