09
3
4
10
11
12
17
18
   

リーズナブルな女

スクープ!

しげお、衝撃の発言。
「彩猫はリーズナブルな女だったよ」

彩猫、ショックで入院。
「あたしは、そんな安っぽい女じゃない」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 
ま、そんなわけで、入院はしていませんが、
しげおから「リーズナブルな女」と言われて
ショックで寝込みたい気分の彩猫です。ども。
 
リーズナブル。
 
モノを買う際には、素敵な言葉ですね。
でも、女子に使っちゃあいけませんわ。
というか、私たちまだまだ新婚ホヤホヤ?のフーフですよ。

 
しげお曰く、

「付き合っているとき、彩猫はお金がかからない子だったよ。
 何か欲しがっていたら、買ってあげたのに。
 何か欲しくなっても、自分で買いに行っていたよね。
 やっぱ、彩猫は完全な負け犬体質なんだね」
 
だとさー。
 
言っていることは、決して間違っていないから、
余計にムカツクー!
 
確かに、
もっと「あれほしい、これほしい」と言って、
買ってもらえるものは買ってもらえばよかったな~と後悔。
 
しげおの言うとおり、
自分の欲しいものは「自分で買う」という癖
というか、そういう習慣がついてしまっていたのは、
歪めない事実です。はい。
それが負け犬体質と言われても、文句が言えません。はい。
 
 
そう、私は歩むべくして負け犬人生を歩んでいました。
 
一方、私の姉はバブル全盛期に女子大生をしており、

「欲しいものは、パパ(本物の)か、彼氏に買ってもらう。
 車に乗ってみたかったから、パパに車買ってもらったの。
 付き合ったら、車での送り迎えは当たり前。
 自分でドアを開けさせるオトコなんて、
 二度と会ってあげない。
 デートのときに
 同じ服を二回着ていくなんてあり得ない。
 だから服を買うの。いや、買ってもらうのよ」
 
そーゆー人生を歩んではりました。
 
でも、なんかバカっぽかったのです。
当時小学生だった私には、
姉がすごくバカに見えました。
だから、この姉を反面教師に生きていくことを誓ったのです。
 
欲しいものは、自分で手に入れる。
車は自分で乗り回す。
 
そういう人生。
 
私が大学生になったころには、
バブルもはじけていました。
自分でためたお金で、
ドイツに語学留学したり、
バックパッカーで旅行しまくりました。
 
それが、普通でした。
もちろん、
お坊ちゃまお嬢さま学校としても有名な大学に通っていたので、
バブル時代っぽい生き方をしている人もいたけど、
基本的には、自分でお金をためて、
ちょっと辛い状況も体験してみる。
そういうのが、ほんの少し流行っていた時代でした。

そして、そこそこの有名大学を卒業したら、
総合職に就くのは当たり前の世の中になっていました。
 
運良く人気企業に就職。
働く女性たちはみな、自分で稼いだお金で
ブランド物を購入したり、旅行三昧したり、
外車を買ったり、趣味の世界に生きていました。
 
素敵でした。かっちょいいと思いました。
 
私も早く車を買えるようになりたい、そう思いました。 
 
働きました。

ボーナスが出れば、家電を買い、
ある程度貯まれば、旅行に出かけ、
さらに貯まれば、キャリアアップのための
専門学校の授業料へと変換されました。
念願の車も買いました。
 
独りで生きていけると思っていました。
 
コンパに行っても、
自分よりも給料の少ない男性と結婚して良いのだろうか?
と悩むこともありました。
 
そう、まさに負け犬人生。
 
 
小学生のころ、姉のことを反面教師にした結果、
こーゆー人生を送ってしまったのです。
 
その結果、
「欲しいものは、買ってもらう」
のではなく
「欲しいものは、自分で買う」
 
そういうのが普通になっていたんです。
 
「リーズナブルな女」と言われても、
何も言い返すことができなかった自分が
とても情けなかったとです。ヒロシです。

 
でもね、私は決して「安っぽい女」じゃない!。
 
私がしげおに求めているのは、
お金だけでは買えないものなの。
 
お金を出せば簡単に買えちゃうもので喜ぶほど、
バカじゃないから。
 
 
 
ということで、
しげおに、いくつかのお願い事をしてみることにしました。
 
おそらく、今日の4~5時ごろに、
しげおは、そのメモを見つけることでしょう。
 
一見、お金で買えそうだけど、
買えないものも混じっています。
 
あくまでも
「買ってあげる」ことが目的じゃないのよ。
 
何をしてほしいのか、
お金だけじゃなく、見えないものを私は要求しているの。
 
それが、大人の女に対する買い物よ。
 
 
これがクリアできなければ、
私の旦那さまとしては、失格ね。
たまちゃん、抱かせてあげないわよ。ぷん。
 
 
ま、そんんわけで、4つほど書いた願い事。
すべて叶えてね。よろすく。


スポンサーサイト

もっと笑ってよ

嬉しいね。うん。
 
優勝しちゃったよ。うん。
 
2年前のようなゾクゾク感はなく、
強くなってよかったね~という感じ。
 
岡田監督もさあ、もっと笑ってよ。
笑ったら、かわいいんだから、ね。


大学で結婚式

大学時代の友人の結婚式が
今週末に行われます。
 
場所は、母校の大学にて。
 
 
しかも同じゼミの仲間同士のカップルなので、
嬉しさも倍増。にば~い、にば~い、ってやつですわ。

 
よーく考えてみると、私の周りでは、
D大カップルって少ないのよね。意外と。
 
「大学時代から付き合ってゴールイン」 
というケースって、ほんと稀有だな~って思います。
 
なんなんだったんでしょうね、あの4年間って。
 
 
ま、それはさておき、披露宴は
学内レストランにてのパーティです。
(卒業後に建てられたので、どんなところかは知らない)
 
久しぶりに、学生気分を味わいましょうか。
 
いやいや出席者は三十路組。
10年前の若かりし頃を、
一生懸命思い出して楽しみたいと思います。


猫離婚

松平健と大地真央の離婚の原因は、猫だった?!
 
だそうです。

大地真央が猫好きだったんだけど、
松平健はそれほど好きになれなかったらしいのですわ。
 
ちなみに、芸能レポーターの駒井さんとこの離婚も
猫が原因だったとか。
 
 
ま、私も犬猫どちらが好きかと言われれば
犬派だったんだけど、今では猫大好きっ子に。
うーん、まあ、猫が好きというより、
はなちゃんのことを好きになちゃった、という感じかな。

はなちゃんのことを好きになれなかったら、
今頃、猫離婚を考えていたかも?!しれないね(笑)。 

 
ま、そういうわけで、動物の好みって
離婚の原因にもなっちゃうのね~。こわいこわい。
 
それにしても、私は猫を好きになったのに、
しげおはトラを好きになってくれません。
 
今日、優勝が決まってくれると良いのにな~。
ていうか、いつになったら、
タイガースファンになってくれるのかな~?しげおは・・・。


そろそろ秋支度

そろそろ秋支度せねばなりませんなー。
 
涼しい!というか、寒くなってまいりました。
 
そうそう、
今年のブーツ解禁日はいつになるのでしょうか。
 
おそらく10月の第1週目あたりに
なりそーだなーと自分では思っているのですが。
 
でも意外と秋晴れ等々で暖かくなったりして。
 
 
あ、そうそう、栗ご飯を食べたい(作りたい)
のですが、スーパーでは意外と売られておりませぬ。
 
どこに行けば買えるんでしょーか。
 
というか、季節的にもう終わった?!


ブルガリア人とのアバンチュール

琴欧州の活躍を伝える
ニュース番組を立て続けに見ていたら、 
 
 
 

ブルガリア人の男性と恋に落ちる夢を見てしまった。
 
 
 
 
相手は、もちろん琴欧州ではないよ。
 
 
でも、ブルガリア人って・・・。
影響されすぎだね。
 
でもかっちょよかった~。
 
本気で恋に落ちたいと思った。
 
夢から覚めたとき、
隣にしげおがいなかったので、
余計に夢に戻りたいと願った。
 
もちろん、叶わぬ夢だったけど。


ペンチラ

「恋のマイアヒ」
のフラッシュムービー、面白いですよねー。
 

そうそう、ちょうど
眞鍋かをりのブログでも書かれていたんですけど、
わたしも好きですたい。
 
しかも、
ニューバージョンが出ているみたいなんですわ。
 
笑いし~く
投票ランキングに、旧作と新作がランクインされているんですけど、
個人的には、旧作の方が好きです。
 
特に旧作の
「ペンチラ」
というフレーズが大好きなんですの。

これがね、新作では
「パンチラ」になっているんですわ。
 
絶対「ペンチラ」の方がエロイと思うんですけど、ねぇ。

パンツじゃなくて、ペンがチラリと見えるって、
「いやん恥ずかしい~」って思いません?
ペンがチラリ、ですよ。チラリ。チラリ。チラリ・・・。
  
 
 

ていうか、
そういう言葉に反応すべきじゃないですよね、妊婦は。
 
はい。反省。
 
マイアヒ~は、胎教にはどうなんだろうね。


買い物は女を潤す

週末ごとに買い物をしています、彩猫です。
どもー。
 
日曜日は、パーティ用のはおりものと
ヒールのないブーツを購入してしまいましたー!
 
OH!ビバ!か・い・も・の!
 
 
で、ついでに
「宇宙戦争」を観てきました。はい。
いまさら?なんですが、ねぇ。
 
しかも、天六にあるホクテンザで。
 
いやあ、久しぶりにイスの硬い映画館に行きました。はい。
かなりレアな映画を上映している映画館なんですよ、ここ。
で、地下にはピンク映画専門館がありまして。

うーん、映画を映画として見るならココですよ。
シネマを見たいなら大きな映画館に行きなさい、という感じかな。
 
ま、それにしても、宇宙戦争。
いい意味でも悪い意味でも、
前評判どおりでした。
 
しげおは
「今年の中でナンバーワン!」と言ってましたけど。
 
男子の好みって、わからへんなあ。
 
 
んま、それにしても、
映画を観て、買い物に明け暮れて、
最後は北新地でご飯、
というデートは、なかなか楽しかったです。
 
ここ1ヶ月ほどの週末デートは、
お腹が痛くなって、途中帰還・・・
の繰り返しだったのですが、
昨日は、無事最後まで楽しめました。やったっ!
 
そして、ストレス解消。
 
 
いやあ、買い物って素敵ね。
でもって、女って一生涯買い物に生きるのでしょうな。
ああ、幸せだ~!


身体と心のバランス

身体と心のバランスがとれていないなあ、
って思います。妊婦って。
あまりにも
「妊婦だからできないこと」が多すぎる。

自転車にも乗れないし、お酒も飲めない。
気軽に旅行にも行けないし、
お腹を冷やしたらいけないから、
へそ出しルックなんてできない。
靴は99%スニーカー。
今まで普通にしていたことが、
120%の力を出さないと、同じようにできない。
 
ま、妊婦さんの中には、
初期と言われるころから、
とても順調な経過で、今までどおりの生活を
フツーにできる人もいるし、
一方で、入院生活や、絶対安静を
余儀なくされる人もいますので、
一概になんとも言えないんですけどね。
 
私の場合、今の時期は
「とにかく無理をしない。遠出しない」
と言われているので、
買い物以外は、家でおとなしく引きこもって仕事をしています。
 
でもね、もともと、
家に引きこもるのが大嫌いなの、私。
 
外に出て、新しいモノに触れて、
ビシバシ刺激を受けていたいの。

なのに、あまり外にも出られず、
しかも、すんごく興味の範囲が狭まったので、
今まで好きだった本屋巡りも、したくないです。はっきり言って。
 
何をしたら良いのかもわからないけど、
とにかく家でゴロゴロするのは、もうイヤだ!
かといって、独りで遊びに行くのも、つまんない!
でも、遠出できないから、近所をうろつきます。
 
 
そんな状態。
 
 
 
でもね、
しげおの方は、今までと変わらない生活をしています。
 
私が起こさなければ、平日も休日も起きてこないし、
休日になれば、すぐに独りでスケートに出かけちゃうし、
スケートをしていない時間帯は、
ビールを飲んで寝ているか、
仕事・・・と言ってパソコンに向かっているか、どちらかなんです。
 
マイペースだなあ、ってつくづく思います。
 
というか、そういうマイペースなところが好きだし、
私がマイペースに生きていても、
気を遣わなくてもいいし、文句言われないから気楽だ
なんて思っていたんですけどね。
私以上に、とってもとってもマイペースでした。
 
いや、それよりも、
しげおは、妊娠したわけではないので、
「できなくなったこと」が無いんですよね。
 
だから、できなくなったことへのストレスっていうのを
感じにくいんだと思うんです。
 
でもね、このストレスが厄介なんですよねぇ。
だからついつい、自分の身体を無理させてでも
「今、これがやりたいから、がんばるー」
って思ってしまうんです。
で、その結果、バタンって倒れて。
 
実はHOLGA展のときも、
「安静」と言われていたにも関わらず、
展示用の資材を買いに行ったり、
展示物作成のために、
力仕事(ほんのちょっとしたものだけど)
をしたため、途中で倒れてしまったんですよ。
 
そのとき、しげおは
「HOLGA展の出展、やめたら?」
って言ったんです。
 
 
 
すごくショックでした。
 
 
今年のHOLGA展は、
二人にとってとても大切で大好きな
「はなちゃん」をテーマに、
GWごろから、じゃんじゃかお金をつぎ込み
撮りまくっていたんです。
 
で、妊娠も判明したことだし、
子育てで忙しく、写真活動も控えなければならないだろうし、
ましてや展覧会に出展するなんて、できないだろう。
今年が最後のHOLGA展だな、
って思っていたんです。
 
だから、すんごく力入れていました。
しかも、昨年に比べて良い写真も揃えられたし
プリンターや紙質までこだわったので、
満足いく展示物ができるだろうな、って。
 
なのに、途中段階で
「やめたら」って言われて。
 
「彩猫の身体の方が大事でしょ」って。
 
 
それは、わかるよ。
一番、そのことがわかっているのは私だよ!

でも今しかできないことを
がんばっている自分を否定されたような気がして
すんごく悲しくなりました。

安静生活で、ストレスが最高潮に溜まり、
しかもまた流産するかもしれないという
不安感が全くぬぐいきれなかったあのときに、
一番信頼しているしげおから、
信じられない言葉を言われ、
ボロボロでした。身体も心も。
唯一の救いは、数日後の検診で
たまちゃんが元気良く成長していたことだけ。
 

 

ま、そんなわけで、
妊娠が判明した日から、
「できないこと」が増えだし、
今も「できないこと」のストレスに発狂寸前。
いや、正確には、
「できないこと」のストレスを
しげおに理解してもらえないことのストレスの方が大きいかな。
 
「男親ってそんなもの、しゃーないな」
と思えることができれば、
こんなにも悩まなくていいんだろうけどね。
 
でも、わかって欲しいんだなー。
遊びに行きたいのよ。多少無理をしてでも。
途中でしんどくなっても、
しげおが居たら、助けてくれるじゃない。
だから、独りでは出かけたくないのよ。

でも
「しんどいなら、遊びに行かない方が良い」
って言葉は、絶対に言わないで。
 
これでも、
友達からの「遊びに行こうよー」の誘いは
極力断っているんだから。
友達には妊娠だからといって
変に気を遣われたくないのよ。
 
わかってください。この気持ち。お願い。
 
 
あーあ、それにしても、ほんと
妊婦になるだけで、身体と心のバランスが
いとも簡単に崩れるだなんて、
思いもしませんでした。
 
奥さんが妊娠中の男性の皆さん、
ま、個人差はあれども、
妊婦さんは、結構ストレス溜まっています。
せいぜい、やさしく奥さんの言うがままに
いろんな気遣いを見せてあげてくださいな。
 
お腹が大きくなっていないと
「うちの嫁、妊娠したんだ」ってことを
実感できないだろうし、
つわりで苦しんでいるのかどうなのか、
見た目じゃわからないこともあるだろうけど、
奥さんは、ひそかに苦しんでいます。
 
間違っても、こういう時期に(ま、一生だけど)
浮気をしないでくださいね。

浮気が発覚したら、私なら、たぶん殺します。
言い訳を聞く前にグサッと、一突き。
そのために、先日、包丁を研ぎました。ぐふっ。
いやいや、2年間研いでいなかったから、研いだだけよ。
おかげで、トマトがキレイに切れるようになりました。やった! 
 
 
 
と、長い日記を書いている今も、
しげおは起きてきません。
 
 
こらーっ!早く起きなさいっ!


フォー

とうとう、かつみさゆりのさゆりちゃんも
フォーって言ってはりましたわ。
 
ていうか、みんながみんな
「フォー」って言うので、
ベトナム料理のフォーが食べたくなりました。
 
あっさりしていて美味しいよ、フォー。 


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす