FC2ブログ
   
04
2
3
8
10
11
12
13
14
15
16
17
21
23
24
28
30
   

聞き間違い

今朝行った病院の待合室にて。
 
看護婦さん「○○さ~ん、次、2番の診療室へお入りくださ~い」

一同:しーん。
 
看護婦さん「○○さんですよね?」 
 
 
 
  

 
・・・と私の顔をじーっと見て、そう言った。
 
ひょっ。
自分の名前、聞き間違えちまったよ。
 
ちなみに私が聞き取った限りでは
「ノナカさーん、次、2番の診療室へお入りくださ~い」
だった。
 
「タナカ」も「ノナカ」も母音同じやん!
そりゃ聞き間違えるよなあ・・・。
と自分の行為を正当化してしまった。あはっ。
 
先日の「NAKA」さんと言い、
この名前は案外聞き間違えることが多い。
 
その点、旧姓は最後に「ジ」が付くので
意外と聞き間違えることがない。
「ジ」の発音が悪い場合は、
「ヤナギ」さんや「ヤマギ」さんと間違えられることはあるけど。
 
でもまあ、今の名前は私の理想の範囲内だ。
あ、今風にいうと「想定内です」ってやつ。
しかも「かなりいい方の想定内です」です。
 
旧姓だと、
名簿順(あいうえお順)に並び替えると、いつも後ろの方。
後ろの方の名前の人って、存在感がないんだよね。
忘れされられている、っていうか・・・。

新学期に自己紹介するときも
たいていは「アオキ」さんから始まり、
途中「ムラタ」さんなんかが、超長い自己紹介なんかして
1時間で終わらず、
「残りの人はじゃあまた明日!」なんて言われちまうのがオチだ。
 
せっかく、緊張して1時間過ごしたのによぅ!
 
で、ときに「アオキ」さんがずる賢い子だと
「せんせー!たまには、後ろから自己紹介しませんかぁ」
なんて提案し、
のんびり構えていた私を一撃しちゃうこともあるから、
一苦労だ。ほんと、トイレに行きたいよぅ、って感じ。
 
その点「ムラタ」さんとか
「サトウ」さんなんて人たちは安住の地に居る。
 
1時間の間に自己紹介が終わるし、
前から進めようが、後ろから進めようが、
どっちだって問題はない。
 
「アオキ」さんの印象は最初だから、意外と薄くても
「サトウ」さんくらいになると、
「この人は○」「この人は△」「この人は×」
・・・自己紹介の中身云々によって、
ちゃんとランク付けしてもらえるからヨロシイ。
 
私は授業に入る途端、
「アホアホ全開モード」か「究極の真面目っこ」になるので
自己紹介のタイミングを逃すと、
とんでもない評価をくだされること(とっつきにくい人)が多い。
どーしてもそれは避けなければいけないので、
自己紹介の時間は、かなりの気合が入っていた。
 
で、気合入りすぎて、朝から鼻血出したことさえあるくらいだ。
 
そういう意味でも、
我が子には自己紹介時に苦しませたくない思いでいる。
 
ということで、今の名前は「好ましい」限りだ。
私も今なら自己紹介がごときで鼻血を出すこともないだろう。ハッピー!


スポンサーサイト



魔法にかかった服

しげおに、新婚旅行に行く途中でこんなことを言われた。
 
「彩猫(あやねこ)と結婚したら、
 洗濯した服が魔法にかかると思っていたよ」
 
 
あやねこ「ま?魔法って?」
しげお 「キレイに整理整頓されてタンスに入っている、ってこと」
あやねこ「一人暮らししていた頃の私のクローゼット、知っているよね?」
しげお 「うん」
あやねこ「あの汚いクローゼットの持ち主が、そんなことすると思ったの?」
しげお 「うーん・・・。でも自分の服は魔法にかかると思った」
 
 
・・・。
 
 
服の整理整頓がキライなこと、
しげおは了解済みだと思っていたが、
やはり結婚生活における
「夢」みたいなのが、あったんだろうね。

確かに、靴下を揃えて(他のと間違えないように)
タンスにしまってあげたときは
「すご~~~~いっ!
 あやねこ、すごいよ~!靴下が魔法にかかったよ!」
といって、すんごく喜んでくれたことがある。
 
あの魔法が下着や洋服にもかかると思ったのか・・・。
 
ごめんね。
 
 
最近は、もうちょっとキチンと洋服をたたむようにしました。
(気づいているかな?)
 
あと、前からだけど、
シャツにアイロンあててクローゼットにしまったり
革靴を磨いたりしているのには、あまり気づいていないよう。
気づいていないというか、あまり望んでいないのか。
 
 
了解済みだと勝手にこっちで考えていることも、
相手にとってみれば「まだまだ改善の余地あり」ってこともあるんだなあ。
 
 
ちなみに、私は

新婚家庭の旦那さんは魔法にかかり、
「○○ちゃん(妻)の顔が見たくて、待ちきれなかったよぅ」と
夜7時過ぎにラブラブモード全開で帰宅するもの
 
だと思っていました。
 
 
しげおには、魔法がかからなかったようです。ちーん。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす