FC2ブログ
   
04
2
3
8
10
11
12
13
14
15
16
17
21
23
24
28
30
   

オーストラリア旅行記~動物たちと戯れる~

動物万歳です。まじ。
 
この日、見事に風邪を引き、
午前中はホテルで死んでました。
 
でもリトルペンギンを見に行くために
(これが旅行の一大イベントだし)
いざ、行かん!
 
と、その前に個人経営の動物園へ。
 
コアラです。定番ですな。
 
このコアラ、ちょっと気が抜けすぎです。
レディーの前で、
こんなにもあけっぴろげに股を開かれると
どうしていいのやら・・・。
コアラ

 
そして、親子カンガルーに出会えました!
袋からちょこんと顔を出す赤ちゃんカンガルー。
超かわゆい~ですぅ~。
カンガルー赤ちゃん
 
また、別の親子カンガルーのお乳を飲むシーンも!
親子カンガルー
お母さん、ちょっと放心状態・・・。
 
 
いやあ、おかげでしげおも私もカンガルー大好きっこになっちまいました。
私は勢い余ってカンガルーのぬいぐるみを買ってしまいました。あはっ。
30歳。若気の至りなんて言葉は通用しませんが、
ハネムーンということで、許してちょんまげ。

 
で、一大イベントだったリトルペンギンですが、
とぉぉぉってもくぁいかったです!
残念ながら、写真等の撮影は禁止されていたので、
しげおと私の心にだけ残っています。ごめんねー。
 
いやあ、動物ってかわいい。
 
ハナちゃん、
帰ったら今まで以上に可愛がってあげるよ。


オーストラリア旅行記~シドニー~

メルボルン→シドニーへ
 
私たち、とんでもな晴男・晴女です。
早朝のメルボルンは曇りで寒かったのに、
シドニーに着いたら、快晴&爽やかに暑い!
 
いやあ、人生の晴れマーク、全部使っちゃったって感じだ。
 
で、シドニーといえば、オペラハウス。
オペラハウスといえば、オーストラリア。
ってことで、見てきました~。
オペラハウス
 
 
この白い屋根、黄金比率でできているんだとか。
その他、波の動きや、中国などの建築物を参考に
デザインされたんだそう。
詳しくは、シドニー博物館に行くとよくわかる。
資料や建築当時の映像なんかも残っているので。必見!
 
 
あと、シドニーハーバーブリッジも街の名所やね。
世界恐慌の対策のひとつとして、
この橋を建築することになったんだって。
おかげで、たくさんの労働者たちが失業を免れたのだとか。
そうかあ。どでかくて、必要以上に頑丈な造りは、
お金をかけるためだったんだね。うーむ。
 
歴史的な観点から見ると、また違った印象を受ける。
橋
 


根比べ

ローマ法王を決める「コンクラーベ」。
 
「コンクラーベ」を聞いた大方の日本人は「根比べ」をイメージする。
間違いではないが、ニュースを見るたび
「コンクラーベは根比べ」
と独り言を言ってしまう自分が情けない。
 
根比べになる前に、早く決まってほしい。


元気なし子です

ども。帰国後も風邪が治らず、どよんとしています。
 
鼻がつまり、咳も出るし、
思いっきり息を吸えないし、
微熱が続くし、
眼は目やにが止まらず結膜炎ぽくなってるし、
鼻血は出るし、
なんだかやる気が起きません。
 
これって風邪じゃなくて花粉症?
 
 
 
そんな気もしてきました。
 
 
 
早く日常の生活を復活させたいです。はい。


オーストラリア旅行記~シドニー食歩記~

朝はのんびりと起きて、シドニー散策にでかける。
 
スターバックスに入ってみる。
カフェラテを注文。
サイズはショートで。
 
と思っていたら、ショートのサイズがないっ!
最低でもトールですってよ。ぎょよよーん。
 
 
「あとで呼ぶので名前を教えて」と言われたので
「TANAKA」と言うと
「NAKA」と書かれてしまった。
私の発音悪かった?
ま、中さんでもいいけど。
ナカさん


それにしても、シドニーには「SUSHI」の看板が目立つ。
「SUSHI KING」では、テイクアウトできるお寿司も。
すしボックス

美味しいんだろうか。はて。 
 
そのほか、
ヌードル専門店「一番星」(紀伊国屋書店近く)、
オシャレ居酒屋「WAGAMAMA」は大人気。
 
一軒くらい、話のネタで行ってもよかったかも。


オーストラリア旅行記~帰国~

シドニー→関空へ
 
今日は念願のペアルック。
新婚旅行なのにもかかわらず、
新婚旅行っぽい行動が皆無だった私たち。

「そうだ、ペアルックで歩こう」
 
てことで、お土産やさんで購入した
オーストラリアらしいTシャツを着て帰国することに。
 

 
さらば、シドニー。さらば、オーストラリア。
 
おじいちゃんおばあちゃんになったとき、
もう一度、二人でオーストラリアを訪れたいね、としげお。
 
ありがと。
 
とっても楽しいオーストラリア旅行でした。
無事(?)関空離婚もなく、家に着きました。
ローソンで買って食べたカップラーメンがすごくすごくおいしかったです。
 
ああ、日本っていいなぁ~。


オーストラリア旅行記~出国~

とうとうハネムーンに行きます。
 
行き先はオーストラリア!
 
コアラといちゃいちゃしてきます。
 
だからハナちゃんとはしばらくお別れ。ごめんね。
 
といっても、夜21時のフライトなので、
夕方まで、掃除や洗濯したり、
しげおはスケートにでかけてゆきました。
 
普段の週末よりもの~んびり。
 
ハネムーンに行く雰囲気じゃないよね、と言いながら。
 
でもって、関空までも環状線と南海電車の急行を使って行った。
「海外に行くって雰囲気じゃないっ!!」としげお。
初海外旅行のしげおは、どうも「はるか」か「ラピート」に乗りたかったらしい。
 
 
ごめんね。気が利かなくって。


生きてます

生きてますョ。
 
先週1週間、ハネムーンでオーストラリアに行ってきました。
途中、風邪を引きダウンしました。
 
まだ熱っぽいし、鼻血も出てるけど、
ぼちぼち旅行日記アップします。 
 
 
 
では。


兄弟、涙の再会

ハナの兄弟にあたるレスリー(♂)くんとご対面。
 
ハナとレスリーは、
一時期しげおと一緒に暮らしていたので
2匹にとっては2年越し(くらいかな?)の再会となった。
 
再会のシーンは、おそらく
お互い同じ血が流れていることを感じとり
涙を流して抱き合うだろう。
 
 
と人間並みの反応を示すことを期待していたけど
やはり猫だった、奴らは。
 
 
再会した瞬間
「シャー!!!!(威嚇)」

 
 
オイオイ。
 
期待を思い切り裏切り、警戒しまくり。
 
 
涙なんぞ、これっぽちも流れなかったぜ。

 
ああ、そんなもんか。
わかっちゃあいるけど、切ないな。 
うん、切ないな。


お花見の法則

会社や学校などの組織に属していない限り、
「お花見」という行事を実行することは皆無に近い。
 
そして職場で
「みんなで、お花見しよう」
という話題がのぼる会社は、それなりの大企業である。
 
4月になれば
「お花見」の話題で盛り上がるのは普通だと思っていたけれど、
サラリーマンでも、それが普通でない環境に居る人が多いようだ。
仕事で会社全体がいっぱいいっぱいだと、
「お花見」を考える余裕がないのかもしれない。
昨年初めて気づいたことだけど。

そして、夫婦そろってフリーの我が家は、
「お花見」という行事にちょっと憧れる。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす