FC2ブログ
   
03
3
5
12
13
17
19
20
26
   

職業を想像させるカバン

言戯さんのブログに「楽器ケースの魔力」という話題が出ていた。
 
音楽には小さい頃から親しんでいた私だが、
ピアノ専門だったので、楽器ケースは憧れの存在だ。
 
そして、言戯さんと同様、
あのケースの魔力に翻弄され、妄想を抑えられなくなる。
 

電車の中で楽器ケースを持った人を見ると
「おっ?!この大きさはフルートだぞ!」と勝手に決め込み

さらに、さらさらロングヘアに上品そうな雰囲気の女性だと
「どこかの楽団に属しているフルート奏者だ!」と決め付けてしまう。
たとえトランペットほどの大きさのケースだとしても!
 
私にとって、フルートは
「とても繊細なものだから、
 繊細な人にしか演奏できないものであり
 自分と一番縁がないもの」
という存在であり、憧れ最大級の楽器だ。

だからかな、楽器ケースの中身は
全てフルートであってほしい!って思っちまう。

ああ、いいな。
フェイクでもいいので、あのケース持って歩きたい。


そしてもう1つ、
私には憧れのカバンがある。

「黒い筒」だ。
 
建築士さんやデザイナーさんが持っている、
あの長くて大きな黒い筒。
黒い筒を背負って歩いている人を見ると
「萌え」てしまう。いや~ん。
 
昔のそのまた昔、建築士になりたかったこともあり
「建築士の夢をあきらめずに勉強していたら、
 今の私は、あの筒を背負っていたのかも!」
なんて思うと余計に、あの黒筒に見とれてしまう。
 
あの筒は、楽器ケース同様、魅惑的な存在だ。

「丸めないと入らなくて、かつ大事なもの」
 
が入っているんですよ、ココに。

という優越感のようなものが、あの黒い筒からにじみ出ている。
 
 
いいな~いいな~、そういう大事なものを抱えて
街を闊歩する姿、すげー素敵。かっちょいい。
でも肝心の名前がわからない。あの黒筒の。
どなたかご存知ないですか? 
 
 

さて、ワタクシ、ライターという職業なんですけど
ライターっぽいカバンって、ありませんかね?

いつも、でかいカバンに資料たくさん詰め込み、
時にはカメラも入れて、パンパン。
傍からみると、ただの荷物持ち姉ちゃん、
にしか見えないのが悲しい。ああ。
 
 
 
 
 
さて、話は変わり、
参考にさせていただいた言戯さんのブログですが、
この方のイラスト、とってもうまいんですよね。
ツボを得ているというか。
しかも、イラストレーターが本業ではない、ってところが素敵。
 
しげおにも、ひそかに
某本のイラストの話が舞い込んできているとかいないとか。
私よりも前に印税デビューかっ!?いいなー。しかも副業で!

イラストを描ける人ってのは、ほんと素敵です。
いやあ、羨望の気持ちでいっぱい。


スポンサーサイト



ひそかに狙っているもの

松浦亜弥のベストアルバム
「松浦亜弥ベスト1」。
 
3月24日リリースだそうです。
 
あややの歌を聴くと元気になれます。
ついつい踊りたくなります。
「マツケンサンバ」のようなもんです。
 
「元気」を追求しまくる私は
モーニング娘。のベストアルバムも持っています。
「モーニングコーヒー」などが入った
初代のベストアルバムですけど。
 
「松浦亜弥ベスト1」は車の中で聴きたいです。
 
「プジョーに乗ってあややを歌う」
 
なんて素敵なカーライフなんでしょう!!!


雨女

自分はつくづく雨女だと思う。
 
ロケハン。
 
車で兵庫県の新興住宅地に行く。
天気予報は「雨は次第に回復するでしょう」だった。
 
ところが現地に着くと
傘を差して歩けないほどの強風が吹いている。

「いや、コレも仕事だ。
 今日アポを取らねばスケジュールに間に合わない」
 
と思い(根性だ!)、
髪の毛振り乱しびちょびちょになりながら住宅街を歩き回った。

しかーし、最大級の強風が私を襲い、
大事な傘がくるりん、逆さになり、かつ骨まで折れる始末。
ああ、しげおと一緒に行ったディズニーシーで買った傘なのにぃ(大涙)。
ご臨終です。ちーん。
 

でも根性で歩き回ったおかげで 
運よく取材先が決まり、一安心。

その後は、街並みや施設を車でチェックしながらドライブさ。ふっふー。
 
といっても、
大雨の中、ワイパーがしゃんがしゃん振りながらね。うぅ。
 
せっかくウン十万かけて修理したカブリオレなのに
まだ日の目を見ていない。
いつになったらオープンで走れるんだろう。私の車。はて・・。
 
 
それにしても、久しぶりに一日仕事をこなした。
取材日はまた後日だけど、
ちょっとずつ働く身体に戻っていくような気がする。
嬉しいやら悲しいやら。
 
 
帰宅後、しげおにマッサージを頼む。
ふっふっふー。しあわせ。
辛かった一日と雨女であることを忘れさせてくれる至福のとき。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす