01
1
2
3
7
8
9
15
16
17
22
23
26
29
30
   

おのろけ話です

前職の同僚とカフェデート。
社会人3年目を迎えるデザイナーの彼女は、
これからの仕事の方向性、やりたいこと探しで悩んでいた。
 
まだ24歳なのに、27歳になってからでは遅いとか
リスク回避することばかりを言う。

あんた、40歳のオッサンか?!

  
 

28、29歳を超えると、
年齢じゃないスキルで闘おうとする。
年齢制限を気にしないわけじゃない。
気にしていたら何もできないの、わかっているから。
  
不思議やね。歳をとると、大胆になれる。 
 
 
そんな感じで、やりたいことやんなよ!
年齢なんか、気にスンナよ!と豪語して、
24歳の彼女を励ましてきたわけなんですが、
家に帰ると、意気消沈。
 
自分は、これからどうしたいんだろう?
結婚して、落ち着き過ぎたんじゃないか?と不安になる。
子供ができない夫婦だって、ざらにいる。
会社員を辞めた今、もし子供ができなかったら
これから先、何をして過ごせばいいんだろう?
もう一度、会社員しなきゃいけないのかな?
 
子供ができるかできないかは、神様に任せるとしても
私はライターとして、どういう方向を目指したらいいんだろう?

教育やキャリアアップに関わる
ライティングをしていきたいと漠然と思っている。

教育関連会社に勤めていたときのように、
子供たちに生きる指針や学ぶ面白さを伝え、
大学生たちには、社会や仕事の面白さ、魅力を伝え
「なりたい自分」探しの手伝いがしたい。
 
でも、そのために、今、何をしないといけないんだろう?
取引先をもっと増やさないといけないんじゃないか?
もっと毎日あくせく働いて、売れっ子ライターとして
バリバリ活躍しないといけないんじゃないか?
 
のんびり働く、ということに慣れない私は、
主婦兼ライターとしての仕事のスタンスを
どうとっていいか、わからない。
 
 
不安になって、しげおに相談してみた。
 
しげおは的確に私の気持ちを読み取ってくれ、アドバイスをくれる。
 

気持ちが和らいだ。すーっと息を吐くことができた。
不思議だ。
言葉にしてしまうと、どおってことないのかもしれないけど
しげおの一言一言が、私の心にしみわたる。
 
 
「幸せを表現する文章は、まだまだ発展していない。
 本当の幸せを伝えることの難しさ、そのうちわかるよ」
 
ブライダルのライターを始めるとき、こう言われた。
 
 
真だと思う。

しげおに悩みをぶつけ、その声を親身に聞いてくれ
親身になって受け止めて意見を言ってくれる。
そのひとときが、私にとっては、すごく幸せな時間だ。
この人と一生共に生きていけること、
ゆっくりだけど、しっかり流れている2人だけの時間が
すごくすごく幸せに感じられた。
 
結婚してよかったと思う。
 
幸せを文章として表現することは難しいし、
読み手をイヤな気分にさせず、
幸せを分け合える境地にたどり着くのは、至極困難なことだけど
幸せな時間を、幸せだと思える自分が、とっても幸せだと思う。
 
 

 
 
にしても、
幸せ、幸せ、っって連呼しすぎやで、あかほしだいすきっこさん。


スポンサーサイト

TAXi漬け

TAXi1、2、3、どどーんと1週間で観た。
今更なんだけど。
 
どの作品も、ストーリー展開、オチが同じ。
でも笑える。フランス版吉本新喜劇やね。
 
 


「宇奈とと」発見

ラッキーでした。
私が探し求めていたうなぎチェーン店「宇奈とと」が
なんと自転車で10分のところにあるとは!
 
あいらぶ・うなととです。HPはこちら


新しい携帯、届きました。
おっさん使用なのか、かわいらしいキャラクターもなく
固定の着メロも、選曲を疑うほどの曲ばかりなんですが
しげおと電話できればいいんです。
仕事の電話を受けられればいいんです。
はなちゃんの写真が撮れればいいんです。
友達とメールができればいいんです。
 
それでいいんです。
だから、見た目ダサくても、音がダサくても、いいんです。
 
  
 
 

と自分に言い聞かせました。
携帯・冬の時代です、わたくし。
 


 
 
でもね、アドレス帳などメモリーを新機種に移行するため、
近所のぼーだふぉんショップに行ったんですよ。
 
そしたらね、宇奈ととを見つけちゃったのよ!ぐふふ。
 
東京の新橋から始まったうなぎのチェーン店なんだけど
大阪第一号店には、前職のころよく通ってましてねえ。
会社から徒歩1分のところにあり、
女の子でも気軽に入れるし(でも、おっさんがほとんど)
残業でくたくたになっているとき、会社の人と
休憩がてら、ちょこっと行ったこともあるんです。
 
で、今日見つけたのは、大阪第2号店。
九条にあります。
 
うなぎ好きな私としては、
500円でうなぎが食べられるなんて、
し、し、しあわすぇー!!!
 
特に、ここ大阪で気軽に
「ひつまぶし」を注文できるだなんて、
涙1トン流しても枯れないわ!

 
  
 
てことで、今日の晩ごはんは「宇奈とと」。
 
と言いたいところですが、
近くのスーパーで買った国産のうなぎで、
自宅でうな丼作ることになりました。
 
でも、近々、
しげおと「宇奈ととデート」しようと思います。ぐふふ。
 
 
 
そうそう、ここ九条には「松島新地」があるんです。
艶町って言うんですか。
「18歳未満お断り」の札が店(外から見ると旅館です)
の前に掲げてあり、女性が数名玄関で通り行く人を見ているんです。
 
街中にあるようなお店はありません。
ギンギンギラギラの看板や
男性を見ると駆け寄って
「どう?可愛い子いるよ」と声をかけるような
ああいう雰囲気は一切なく、
とても静かで、落ち着いた雰囲気のする一帯なんです。
 
私も知らず知らずチャリンコこいでいたら、
たどり着いちゃった、って感じなんです。
 
 
こういう世界が、まだ残っているんだね。
「昔の日本」を見ているようでした。
大阪市に住んで4年だけど、まだまだ知らないこと多すぎる。
新しい世界を見るのもいいけど、
昔の面影を辿って、大阪の生臭い歴史を学びたいと思いました。

でもね。
お店の前に、ちっちゃく「ホステス募集」って札掲げてあるんだけど、
「ホステス」ってカタカナ言葉、この一帯には似合わないんだよな。
 
 
そんな感じで、いろんな発見してきました。
大阪の九条界隈は、ほんと「昔」のものがまだ生きている
そんな稀有な街です。安治川の地下通路も然り。


2度同じ失敗はしない

仕事においても、家事においても、です。鉄則です。

 

さて魚料理が、てんで上手くならないワタクシ。
 
鯖の味噌煮を塩サバで調理してしまい、
ちょー味濃い代物に、しげおもぐったりしたこと1回。
ぶり大根に至っては、お鍋の火を切るのを忘れてしまい
汁がなくなるまで煮込み、大根が真っ黒焦げになっちゃいました。
 
 
てことで、昨夜は、
「再チャレンジ!ぶり大根」。

カランコロンカランコロン。
 
 
ぶり大根のぶりは、あらが一番おいしい。
安くで手に入るから、貧困だった学生時代は、よくお世話になりました。
でもって、顔の部分や、骨の隙間に詰まった魚の身は、
紛れもなく美味。
 
で、久しぶりにスーパーであらを発見し、
何を調子づいたのか、2パックも買ってしまいました。
 
鍋に2パックの身が入るはずもなく、
2つの鍋を使って、調理開始!

火加減、確認、よーし。
 
 
ちーん。
 
できあがりー。
 

幸い、しげおも「オイシイ」と言ってくれ一安心。
2度同じ間違いをしたら、
もう2度と作らないつもりだったからホッ。
あー。冷や汗かいたけど。
 
で、案の定、1日で食べきれるわけがなく、
今日もぶり大根です。ごめんねー。

ブリ大根


あー。魚料理、上手くなりてぇー。
どないしたらいいんでしょうか。
 
 
さて、はなちゃん。
私がパソコンいじっていると、必ずパソコンの上に乗り
ほうぼうを見渡しています。

あんたは国境警備に向いているよ。
はな3
 
昨日、今日と晩ごはんは「ぶり大根」。
ついでに、ビデオ上映会は2日連続「TAXi」です。
先日しげおと「TAXI NY」を観て以来ハマり、
原作を1、2と観てしまいました。
 
プジョーがいっぱい走ってます。
パリでも走ってます。ガンガンに。
フランス警察から、よく撮影許可もらえたねえ。
 
ちなみに、我が家のクルマの修理費用はウン十万円でした。
ダイハツの軽自動車を新車で買えそうな金額です。
 
保険入っていてよかった。ほんとに。
でも来年から保険費用は上がります。ちーん。
でも、ゴールド免許です。ほっ。
 
だから、売りません!


お年玉切手シート7枚の使い途

が、ない。
  
 

年賀状のお年玉抽選で当った切手シート。
今年は7枚もいただいちゃった。
 
で、使い途なんですけど、正直ありません。
今年の干支の入った切手なんて、来年は使えないし
メールでのやり取りが多くなった昨今、
手紙すらも滅多に出さないのに。
 
どうすりゃいいんだ?

で、郵便局の人に
「お願い。お年玉切手なんて、使い途ないから、
 普通の切手と換えてくださいよぉ~」と懇願してみた。
 
が、愛想のないおっちゃん局員に
「無理です」と一蹴されちまった。ああ。

郵便局のサービスに、私たちもっとクレーム出してもいいよね。
民営化でしょ。み・ん・え・い・か。


んなで
ええこと、悪いこと
いわん
かい。

どや。

 
 

 
てことで、久しぶりに手紙書こうと思う。

年賀状でも、メールでもやり取りしている友人しか
出す相手いないけど(それもまた寂しいけど)
近況報告とか言いながら、出すとするか。
うん。
 


激怒・ぼぉーだふぉん

姐さん、怒りました。
 
久しぶりにプンプンです。
 
今の携帯電話。
電池の持ちが悪くなってきたので、
機種変更しようと思ったのですよ。
 
で、ヨドバシカメラ行ったり、
ぼぉーだふぉんショップに行って、
変更できる機種を探したんですけどね。
 
はっきり言って、無い!
 
 
ぼぉーだふぉん関東の契約だと、
関西の店頭で変更できる機種は
国際電話ができない機種のみ。
 
つまり、古いやつだけなんですよね。
 
でも、今は3G売り出し中なので、
古い機種の在庫もないんですって。
 
はぁ?
 
 
なんか、すっごく使いづらいです。
契約地域が違うだけで、まともなサービスを受けられないなんて。
おいこら、ぼぉーだふぉんさんよ。
インターナショナルには強くっても、
国内の地域を限定したシステム構造って、どうよ。
 
ぼぉーだふぉんの顧客は、地元大好きっこの学生か?
サラリーマン相手に商売するなら、
地域限定サービスって、あり得なくないか?
 
 
あーあ、ばからしぃー。
 
 
 
結局、一番在庫を持っていそうな本社に連絡して
郵送で、古い機種と交換してもらうことにしました。
古すぎるので、ポイントを使うと0円で交換できちゃいました。
 
今どき、それでいいのか?
 

携帯を契約したのが、東京デジタルフォンだったので
大阪転勤後も、多少使いにくい思いをしながらも、
番号を変えることに抵抗があり、使い続けていたんですけどね。

さすがに限界ですわ。姐さんは。

 
 
番号を変えずに契約会社を変えられる日が、
早くきますように。

そのときにゃ、私の元から、
ぼぉーだふぉんの名前は消えるでしょう。さらば。


怒りすぎて、身体があつくなりました。

アイスクリームを食べました。やけぐいだー。ふとるぞー。


角度を変えてみてみよう

父が入院して1週間になる。

 
「風邪ですよ、単なる」
「重度の糖尿病ですね。緊急入院してください」
「よく検査してみると老人性肺炎じゃないか」
「肺に腫瘍が在る可能性は否定できない」
「気管支に炎症があるようだ。耳鼻咽喉科に行ってください」
 
約1週間半の間に、医者から言われた言葉が以上だ。
 
専門医が変わると、疑いも変わる。検査も変わる。
 
最初のお医者さんが、たまたま専門が糖尿病の先生だったので
「風邪ですよ、単なる」で終わらなかったのが幸いだったと思う。

「風邪以外の症状で、何か気になることありませんか?」
と父に聞いてくれたおかげで、
糖尿病の症状である
「ノドが乾きやすくなった、瀕尿になった」ってのが判明した。
 
ありがとう。
 
その後、入院してからは、
心肺系の先生にかかり、耳鼻咽喉科の先生にかかり
ようやく本日、退院できたとのこと。ほっ。一安心。
 

病気や医学の世界では
角度を変えて見ないと本質が見えない
ってのは、常識だろう。
 
だから、1科の専門先生が診て判断するだけでなく
他の科の先生に診てもらう必要がないか、を判断するのが
医師の役割なんだと思う。
 
 
 
で、考えてみたんだけど、
数年来問題になっている「少子化」って、
やっぱり年配の男性の目線で語られることが多いような気がするのね。
 
「女性が産みやすい、育てやすい制度を設けようよ」とか
「男子も産休を取れる制度を会社に設けようよ」とか。

 
制度がほとんどなかった時代の人たちは、
一概にそう主張する気がする。
 
私自身は、最初に入った会社が
先進的な取り組みをするので有名なところだったので
「制度」への不満は、全然なかった。
実際に、産休・育休制度を利用する人はいっぱいいたし
2~3人産んでいる人もそこそこ居てた。

 
でもマネージャーレベルの人になると、ちょっと違うのね。

「バリバリ仕事」を出産後も続けている人は
1人産んで満足しているみたい。
端から見ているから、いろんな考え方とか環境とか
すごくプライベートなことまではわからないけど。
1人しか生まれなかったから、バリバリなのかもしれないけど。
 
まだ出産経験もないから、その気持ちがわからないんだけど
「子育ても仕事もがんばりたい!」と思う傍ら、
「子育ては1人で十分。仕事はココまでで十分って思えない」
っていう気持ちがあるんじゃないかな。
 
 



で、制度の問題。

「子供2人以上生まれた家庭には、毎月補助金○○万円を10年間差し上げます」
っていう制度ができたとしても、
利用するのは、
「もともと2人以上産むつもりだったので、らっきー」
な人だけなんだと思う。
 
つまり、バリバリ働きたい女性としては、
「2人産んでいる間に、会社でのポジションが無くなる」
のが恐くて、1人で止めているんじゃないかな、と。
 
産休・育休制度の利用率が高い会社でさえも
3~4年のブランクはキツイ。
もちろん、そんなブランクを気にもせず、
パワフルにがんばっている人もいるけど
相当、身体に無理言わせてがんばっている、としか見えないのよね。

 
社会は厳しいのよ。戦争なのよ。
だから、産めないのよ。産まないのよ。 
普通の女性はね。
そして20代後半以降に結婚した女性は特にね。
 
よっぽど能力のある方とか、
本当に恵まれた環境にある方とか、
そういう人じゃないと、緒方貞子さんにはなれない。
 
たぶん、緒方貞子さんを目指す女性は多いけど、
1つだけ諦めなければならないとしたら、
子供を2人以上産むことなんだと思う。

女優さんでも、子供が1人いるだけで、
立派に「子育ても家庭も仕事も両立できました」って思われる。

「1人で十分じゃん。
 それよりも仕事に復帰しなきゃ、やりたい仕事ができないの!」
 
これが、女性の角度から見た少子化問題。
 
女性が働く環境って、生温くないよの、おじさま。わかる?


ソファー到着!

念願のソファーがきました。
 
スゥエーデンから、お船に乗って。
どんぶらこぉ~どんぶらこぉ~っと。
 
発注したのは、昨年の10月。
3ヶ月かかって大阪着です。
おつかれさまでしたねえ。ソファーちゃん。
 
早速はなちゃんが、爪を研ごうとしてました。
 
激怒しました。ひっぱたきました。首絞めました。
 
ごめんなさい。


明るくて暖かい家庭

「どんな家庭を築きたいですか?」
 
の問いに、こう答えるのは簡単だけど、 
実行するのって、難しい。
 

独身時代とは違うメリットがあるから、人は結婚する。

で、外で働く旦那さまにとっては、
一人暮らしのときには得られなかったものがメリット。

冷えきった部屋。
話しかけてもうんともすんとも言わないテレビ。
会社でイヤなことがあっても、解消できずに床に就く毎日。
 
そういう独身生活とおさらばしたときに得られるのが
「明るくて暖かい雰囲気」なんだろうね。
 
いつも笑顔のお嫁さんが居てくれて
夕御飯の温かい空気が部屋いっぱいに充満している雰囲気。

なんか、そういう雰囲気を自然に作れる奥さんって、
すごいな~って思う。

私って根が暗いんだろうか?
と思うくらい、最近、落ち込んだり泣いたりしていたんだけど
初心を思い出したよ。
 
明るくてホットな家庭づくり、目指しまっせ。

ホットホット(熱)!


フリーの世界は厳しい

本格的にフリーライターの仕事を再開した。
 
本格的に、というのは
いわゆるお友達や知り合いからのお仕事ではなく
「初めましてこんにちは」の方とのお仕事が多くなってきた、
ということ。
 
ある方から
「女性のフリーライターさんの世界って
 玉石混淆だからなあ、ほんまお付き合いしてみな
 わからへんしなあ。信頼関係築くまでは、お互い大変やで」
 
って言われていたんだけどね、だけどね。
 
やっちゃいましたよ、失態しでかしてしまいました。
 
 
会社で働いていると、失態があっても、
上司やチームでフォローしてくれる。
今すぐに何をやらないといけないのか、
次の改善策、今後の対応など、
自分で考えて行動するだけでなく、
欲しいといえば、アドバイスさえももらえていた。
ときに、やさしい慰めの言葉だってかけてもらえていた。
 
でも、今は違う。
自分だけで解決して、自分だけでフォローしていかないといけない。
長年かけて築いてきたような信頼関係のない状態で、
完璧に仕事をして当たり前の世界で、
1つのミスは、命取りともなりかねない。
 
恐い。
 
うん。恐い世界だと思った。
 
でも、恐れてばかりじゃあ、いかん。
 
次に活かせよ、わたし。
おかげで、身が引き締まったじゃないか。よかったじゃんか。

1つのミスで、くじけちゃあ、
社会人だった6年間は、なんなんだったのよ。
失敗の繰り返し、とんでもない失態もクリアしてきたじゃないか。
 
がんばろ。
励ましの言葉を、自分で投げかけないといけないのが辛いが
それが、フリーの世界だ。


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす