02
2
3
5
6
7
9
11
12
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

誰のためのメシだと思っているんだ!

トラ。メス。もうすぐ1歳。

きてしまいました。。。

とうとう。

あれです。あれ。

発情です。

発情期です。

いつもとは違う鳴き声を
しつこく、しつこく、しつこく発するのです。

切ないです。

ていうか、うるさいです。。。

寝れませんし、起こされます。。。

不妊手術しないとな。。。


***

ワタクシ、ここ数ヶ月、
ずっと悩んでいることがあります。

それは我が家の食糧問題について。

まず猫のトラ。

今までトラの餌は、
少量ずつではあるけれど1日3回あげていました。

このままだと立派なおデブ猫になりそう。。。

と思い、適正量を計量し、
1ヶ月前から、1日2回に変更しました。

もちろん3回あげていた時も、
餌くれ攻撃がすごくて、
ニャーニャー鳴いて気を引いた後は
餌入れ容器の所まで行って、催促のニャー。

もちろん、机の上に料理が乗っていたら
飛び乗って、むしゃむしゃむしゃ。

その度に怒っていたのですが、
1日2回に餌が減った後は、
机の上の料理だけじゃなく、
台所にある鍋の中のものも
三角コーナーの生ゴミも漁るようになりました。

挙げ句の果てには、
シンクにある排水ふたをこじ開け、
ゴミ受けを咥えて、床に落として、
中に入っているものを食べるようになったのです。

それだけでなく、
先日は、茹でた卵をお鍋に入れたままにしていたら
茹でたまごを咥えて2階の子供部屋に行き
殻を割って食べていたのです。。。

この時期、鍋に入れたおかずを
そのまま放置して仕事に行くこともあるし
(もちろん、蓋はしているよ)
ゆでたまごなんて、殻があるから
絶対に大丈夫!って思っていたのに。

猫ってこんなに食い意地張ってるもんなん???

ちなみに、以前飼っていた、はなちゃんは
人間の食べ物には全然興味を持っていなかったし
餌の催促なんて、したことありませんでした。。。


***

さて。

うさぎのぴあのちゃんは、、、というと。

こちらも、すごいです。

いつもは柵の中に閉じ込めているのですが、
時々開放してあげて、自由に動き回れるようにしています。

すると、トラの餌が残っていたら食べるのはもちろん、
ダンボールに入れてあるみかんも、さつまいもも
見つけたら必ずかじっています。

野菜高騰で、人間でさえ、
キャベツや白菜を、ちょこちょこ大事に食べているというのに
ぴあのちゃんに見つかったら、もうお手上げです。
バクバクバクー!ぎゃー!

ええ、ワタクシ、1日に何度叫んでいることやら。

こらー!勝手に食べるなー!
こらー!それはあかんー!
こらー!こらー!こらー!


ほんま、ほんま、ほんまに、
うちの動物たちの食い意地、なんとかしてくれませんか。。。

あ、言っておきますけどね、
ぴあのちゃんの牧草も、毎日たっぷりあげているし
トラの餌も、ちゃんとあげてますよ。
それでも物足りないと言う。

ワタクシ、毎日、動物たちの餌やりに
人間たちの食事作りに、ヘトヘトです。。。
私の給料、全部、食糧で消えます。。。

せめて、人間だけは、
自分の与えられたものを食べてくれるといいな。

そう思っていたら。

そう思っていたら。

そう思っていたら!


ないー!
子供たちのために買っておいたオヤツが
ないー!


犯人は、、、、、



しげお!



こらー!



そして痩せ細るかあちゃん。。。

あ、細くはなっていなかった。。。
精神的にゲッソリ、なだけ。。。ははは。


頼むから、我が家の住民のみなさん、
自分に与えられたメシだけを食べてください。
お願いします。

スポンサーサイト

長く続けるということ*ボランティアじゃなくて

今朝、手放すことを決めたぬいぐるみたちが
収集車で運ばれていきました。

最後に「ありがとう」の手紙を
子供たちと一緒に書いて、
淡路島の高級なお塩をかけて、
お別れしました。

さようなら。今までありがとう。

***

さてさて今週は、
作家友達の企画展に行ったり、
手作り絵本サークルの仲間の方の個展に行ったり
春以降のイベントの出店を決めたり
手作り絵本サークルで魚を作ったり
試作品ができ、作品にする布も決めたので
残りの資材を発注したり(要は、ポチっとです)。

そんなこんなで、
もうすぐ週末ー。ぎゃー。

それにしても。
何か一つのことを長く続けるって
すごいことだな、と思います。

私が参加させてもらっている
絵本サークルは今年で17年目。
初期の頃から参加している人が多いから
みなさん、ほんと長いあいだ、
作品を作ってこられています。

作風も、それぞれに個性があって
それぞれにこだわりがあって
でもその陰には、いろいろな努力があって。

私自身、
ハンドメイドは、比較的長く続けているけれど
ヴィンテージの生地を使って
作品として世に送り始めたのは、5年前くらい。
試行錯誤の連続で、作りたいものと
求められているものの間で
右往左往している感じ。
それでも、右往左往する幅が狭まり
少しずつ自分らしさとか
大事にしたいこととかが
この1年で明確になり始めました。

絵本の活動も、そうなれるといいな。
とにかく作って作って作っていかないと
自分のこだわりや作風には辿り着かないんだろうな。
長い道のりだけど、ちょっと頑張ってみようと思います。




今日は公的な場所に行ってきたのですが
そこには「ボランティア募集」の紙が
たくさん貼られていました。

介護関係や保育関係
町おこし的なものから、
新しいウェーヴを生み出そう的なものまで。
全部、ボランティア。
どこをどう見ても、報酬の文字なし。

貼り出されていた仕事を見ると
どれも素敵なものばかり。
こんなことできたらいいな。
あんなことできたらいいな。
この地域に貢献できるだろうな。
小さい子供やお母さんの役に立てそう。
お年寄りのお役にも立てそう。

でもね。

ボランティアなのね。

もったいないよね。
こんなに素敵な仕事なのに。
ボランティアって。。。

そう思ってしまうのは
私の思考が「儲け」思考だから、だけではないはず。

たぶん、私たちの世代、少し上の世代
そして、私たちよりも下の世代だって

「報酬がない活動に、
 自分の時間を割くのはちょっと、、、」

と思ってしまうはず。

PTAや自治会など、
期間が決まっているものならやってもいいけど、
有給の仕事があるのに、
わざわざ休んでボランティアはできない。
ボランティアがしたいから
有給の仕事をしないというのもおかしいし。

上の上の世代の方達は
専業主婦な人も多かっただろうし
働くとしても扶養控除内の範囲で、という割合も
すごく多かったと思うのね。

でも、今は、違う。
これからはもっと、違ってくる。


でも数年後には、ボランティアで成り立っていた
様々なことが、成り立たなくなる時がきます。
今までボランティアで頼っていた人たちが
活動できなくなる時が絶対に来るので。

小学校の見守りボランティアの人たちもそう。
超高齢化しつつあって、どうにかしないととは
みんな危惧しているけれど、
行動には起こせず、モヤモヤしているだけ。

せめてね。

少しでもいいから。
いやそれなりの対価は欲しいかな。
でも、有償でそういう仕事が出来たらいいのにな。

財源どこにあるねん!

てことは、さておき(さておいたらあかんねんけどな)。

でも、もうね、無償のボランティアに頼る市政は
あかんのんとちゃうの?と思います。はい。


さてと。
あしたは、仕事が終わったら
製作できるぞー。久しぶりだぞー。


終わったー

今日は、娘たちと一緒に試験を受けてきました。
久しぶりに勉強した1ヶ月間。
ババアの記憶力の衰えがよくわかりました。

そして。
本日の試験で、ワタクシ、
自分の卑しさを再認識しました。

「階段に手すりをモウケル」

の「モウケル」の漢字を
書かないといけなかったのですが
ワタクシ、堂々と

「儲ける」


と書いてしまいました。

文脈読まずに「モウケル」は
絶対に
「儲ける」
だと確信して!


なんて卑しいの!
頭の中、儲け、のことしかないの!

階段に手すりを取り付ける
そんな心優しい話なのに。

手すりで儲けようとするなんて
ほんと、浅ましい!


ま、そんな自分の卑しさは棚に上げて
IMG_20180204_153219.jpg
ご褒美食べて、嫌なこと忘れよー!

さーてと。
明日からは、製作に励みますぜよー。
儲けるために(やっぱりね)頑張りますぜよー。

3人のおばあちゃん

昨日、出先から帰る途中、
3人のおばあちゃんに呼び止められました。

「この近くの方ですか?」

聞いてみると、どうも道に迷ったとのこと。
目的地を聞いてみたのですが、
住所も分からないみたいで。

わかっている情報は

左に行ったら高速道路の入り口
右に行ったら国道
がある、そこに行きたい。

ということだけ。


ここらへんの人で車運転する人なら
あ、あそこね、、、と思える有名なところ。

でも、、、
それって、、、
ここからやったら、、、
めっちゃ、、、めっちゃ、、、遠いんですけど。。。
車で行っても20分以上かかるし、、、。

私の勘違いかな?と思って
グーグルマップ見ながら確認したけど、
でもどう考えても、あそこしかない、、、。

「歩いて行ったら、めっちゃ遠いですよ」

と伝えたら

「そうなのよ!めっちゃ歩いてここまで来ちゃったのよ!」

と。

とりあえず、行き方だけ伝えて、さよならしました。



3人のおばあちゃん。
元気そうだったけれど、
目的地の住所もわからないだなんて。。
どこかの施設から出てきちゃったのかな。。。
帰ってから調べたけど、そういう施設はなさそう。。。
ただ、病院はあった。。。
病院から抜け出した???

よくわからないけれど、
とりあえず、ニュースにはなっていなさそう。
「今日中に帰れそうだわ!」
と言って歩いていったおばあちゃんたちの言葉を信じて。

治りました×2

ユリのインフルも完治し、
今日から学校へ。

コウメの骨は、完璧にOKな状態ではないけれど
もう病院には来なくていいよ、と言われ、
スッキリしないような完治宣言をもらって
とりあえず、右手を使える日常生活に戻りました。
手首に強い力がかかるようなマット運動とか
鉄棒はダメだけど、体育、できます!
早速、今日から体育の授業だけど!
久しぶりすぎて、こけていないだろうか。。。


そんなわけで、人間たちの病気、一段落しました!


実は、人間じゃない、、、犬のがっちゃんですが
1週間前にヘルニアだと診断され、
散歩も出来ない状態だったのですが、
がっちゃんも、昨日動物病院で
通院しなくてもいい、と言われて、
とりあえず少しずつ散歩開始です。
でも今までのように長距離歩くのはあかんねんて。

ていうか、今まで、スケートにも連れて行って
散々走らせていたけど、
あれ、もう、できへん、、、らしいです。
がっちゃんも8歳やからね。
ジジイやからね。
身体いたわってあげなあかん歳やからね。

動物は、人間よりも老化の速度が速く感じられるから
すごく急に老けたように思えて、なんだか切ない。。。

てことで、がっちゃんも完治!とは言えないけど、
少しずつ歩いて、元気でいてくれることを祈って。

さてと

夕方からの通院がなくなったので
放置していた家事、ぼちぼち頑張ります!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす