FC2ブログ
   
02
1
3
4
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

疲れたし、なんの感想もないし、もう、、、、、

先週、学年最後の参観日が終わりました。

6年生最後の参観日は
「親への感謝の気持ちを伝えよう」

色々悩んで考えたらしいコウメの作文は
ウソ盛り沢山!
そんなん事実ちゃうし!
そんなん一ミリも思ったことないし!のオンパレード。

発表しているときに、思わず笑い出しそうになり
必死で下を向いて、震えていた。

多分、周りのお母さんは「感動して泣いている」と
勘違いしたかもしれない。いや、してないか(笑)。

ま、していないと思う。誰一人泣いている親いなかったし。
子供たちの感謝の言葉も、
いいエピソードを交えている子供もいたけど
ほとんどの子が
「いつもご飯を作ってくれてありがとう。
 仕事をしてて、忙しいのに、色々やってくれてありがとう」
というありきたり〜〜〜〜なことを言っていて、
なんにも心が動かなかった、、、そんな発表でした。

ありきたり〜な文章になってしまったのは、
「こういうのって指導したり、
 こうしろああしろ言うのも変ですよね。
 だから、子供たちに任せたんです」
という先生が原因。

そりゃ、細かく指導するのはおかしいけれど、
この最後の参観日を、どんな内容にするのか、
子供達にどんなことを考えてほしいのか、
それを示さないと、書けないでしょ。発表できないでしょ。
なんでもかんでも子供達に任せてたらあかんでしょ。

そんなことを思ったのでした。

担任の先生が今までやってきたことって
なんだったんだえろうね。
子供達に人気の先生であればそれでいいのかね。
そうじゃなくて、どんなことを考えさせたのか、とか
どんな中学生になってほしいというメッセージを
どんな風にこの1年を通して伝えていったんだろうね。
ま、何にも考えていないんだろうね。きっとね。
「人気者でありたい、先生面白い」と思ってもらえたら
それでいいというのが先生の目標なら、
もう、何も期待しない。。。そう、もう期待しない。学校の先生には。。。


そんなわけでコウメの参観懇談が終わったら、
ユリの懇談へ。

実は、色々諸々あって、担任の先生が変わることになりました。
1学期から色々諸々あったのに、ようやく、、、です。
新しい先生を学校の中に入れる予算はないし
(はっきりと校長が言った)
他の学年担任も2学期に学校に来れなくなったようで
そこの穴埋めを先にしてしまったから
ユリのクラスは後手後手の対応になり、
結局担任不在のまま2学期の3分の1を過ごし
3学期が始まっても、もやもやなまま過ぎ、
結局、去年退職して再雇用されていた年配の先生が
ユリの担任に。

いやあ、まあ、すごいわ。

個人的には、新しい担任の先生は
すごくお世話になった先生なので嬉しいんだけど。
宿題の漢字もめっちゃ丁寧に見てくれるし
引き締めるところは引き締めてくれるし
休み時間も外に連れ出してくれるし
3年生の間に、しっかり九九を定着させたいから
九九の計算カードもやります!って言ってくれて。
ほんまにありがたい。

ていうか、先生って、こんな感じだよね。
いや、だったよね。

でも、最近は若い先生が主流だし、
肝心の40〜50代の先生は、本当に数える程。
ましてや60代の先生方はいない、。。

今、じゃなくて、遠い先を見通しての今を
どんな風に過ごさないといけないのか、
どんなところに気をつけて3年生の1年間を過ごしたらいいのか
そんなことをわかっている先生が少なすぎて
そこをわかった上で、今、を指導してほしいのに
それができない先生が、とても多くて。

もうね、なんかね、諦めているというかね。
もうどうでもええんちゃう?とも思ったりね。

保護者たちも、新しい先生の懇談内容に
唖然としていてね。
そりゃそうだよね。
「子供達元気でーす。楽しんでいまーす。
 頑張っているので宿題なしにしまーす。
 漢字も書けたらそれだけで十分でーす」
そんなことしか言わないもんだと思っているから
びっくりしまくって、言葉が出ない。。。
(厳しすぎるわーというのが、
 お母さんたちの素直な反応かもしれないが)

ま、そんなわけで、もう私も
小学生ママとしては古株だし、
考え方も古いし、
やっぱり字は綺麗に書いてほしいし、、、
って思っていると、
ますます本当に古いお母さんなんだろうな、、、と
思ってしまいました。
もう若いお母さんたちとは会話できない。。。とほほ。


ま、そんなわけで、もやもやな参観懇談が終わりました。
ああ、気がついたら、小学校の参観って
4月からはユリのだけや。。。
寂しい。寂しい。さみしすぎる。。。。




スポンサーサイト



クイーン*感謝の気持ち

昨年、コウメを
「元準クイーンと一緒に競技かるたで遊ぼう」
のイベントに送り出しましたが

その元準クイーンさんが

今年のクイーンになりました!


昨日はLIFEで、そのクイーン本多恭子さんが特集されていたので
じっくりティーバーで見ましたー。

すごいなー。すごいなー。
クイーンになることを夢見て
と同時に、競技かるたの普及活動を続けてて。

去年「競技かるたで遊ぼう」のイベントが開かれたのも
本多さんの「小さい子たちに競技かるたを知ってほしい」
という思いから実現されたものだしね。

ま、参加したコウメは「あ、そう」って感じだけどね。


ま、そんなコウメさん。6年生の最後の参観日で
「親への感謝の気持ち」を発表するらしい。


えーーーーーーーーーーーーーー。
6年生がーーーーーーーーーーーーー。
親への感謝の気持ちーーーーーーーーーーーーーー。


それはないやろーーーーーーーー。

反抗期に入りかけてきた子たちが、
親に「ありがとう」っていうのー?
ちょっと胡散臭くない?やらせっぽくない?

案の定、クラスのみんなも
「そんなん感謝の気持ちなんてないわー」
って言っているらしく。

コウメも
「いつも子供達がご飯を炊いて、おかずも作っているから
 『毎日ごはんを作ってくれてありがとう』っていうのも変やろ。
 掃除やって、うちらがやっているし、
 ルンバ買ったから、もうお母さん掃除セーへんやん。
 お母さんが家でやっていることって、あんまりないやん。
 だから、●●してくれてありがとうっていう言葉、言われへんねん。
 もう、どうしたらええの。。。だから参観日、こんとってな」

だと。


ですよね。
ですよね。

じゃあ、そのことを伝えたらええやん。

お母さんはご飯も作らないし、掃除もしないし、家事しない。
ほとんど私たち子供に任せている。
だから感謝の言葉なんてないねん

と。

そしたら、子供達もめっちゃ共感してくれるし
「感謝の言葉なんて胡散臭いな」と思っているお母さんたちにも
共感してもらえるやん。めっちゃええことやん。

って話したんやけどね。

でも、
こういう場面では
「お利口さんなこと(’表向きのこと)を書くもの」
と思っている娘たちは、
「いやいや、それはないわー」だと。
(本音をみんなの前で言うのは、
 やんちゃ男子だけだと思っている、笑)

てことで、
なんとか辻褄あわせて文章にしないと、、、と
頭を抱えながら、悩んではりました。
参観日が楽しみだ、、、プププ。

ま、コウメと1つの話題で色々話せたからいいっか。
素直になんの疑問もなく
親への感謝の気持ちを書いちゃう方が、
私にとっては疑問だし、
自分の子育てまちがったんちゃう?
って思っちゃうしね。
「え?そんなのないよ!」って思える方が
6年生らしいと思う。

あ、そうそう。
我が家に、新しいルンバちゃんがきました!

2週間レンタルして、

「やっぱめっちゃいい!」って思って。

何より、毎日、綺麗な床を見ながら過ごせる!
床に物を置かないようになった!
ほんまに掃除しなくていい!
(拭き掃除はするよ!)
(ルンバに任せにくい台所や廊下、玄関は私がやるよ!)

床が綺麗って、幸せね。
(今まで、どんだけ掃除してこなかったのかよくわかる、、、怖)

ま、そんなわけで、ルンバちゃん。

我が家の戦力になりました。
よく働いてくれる相棒です。
ほんまありがたい。

お母さん、掃除しなくなった、、、

と言われるのが辛いけど。

子供達に掃除を教えられなくなったのが辛いけど。

ま、色々あるけど、そこはこれからの課題ってことで。。

きっと、ルンバちゃんにならコウメも
「感謝の気持ち」
を伝える文章が書けるんだろうね。ぷぷぷ。


ちなみに、ぷぷぷ。


は、ユリが嘘くさく笑う時の音です。
ほんまに「ぷぷぷ」と笑うのです。
漫画か!って思うくらい「ぷぷぷ」なのです。
面白くて「ぷぷぷ」となります。
しつこいですが「ぷぷぷ」です。

大阪工芸高校展*初めての美容室

去年から行き始めた
工芸高校の作品展「工芸高校展」。
今年も行ってきました〜。

工作ネタのヒントがいっぱいあるし
何より高校生の斬新で面白い発想を見るのが
楽しいな〜と思って。
娘たちにも、そういうのを感じて欲しいし
この高校って楽しそう〜って思ってくれたら
将来の進路のヒントになるかも、と。

それにしても楽しそう。高校生たち。

私も、こんなふうに美術とかデザインとか勉強したかったなー。

ま、娘たちは、三者三様。
ユリは全然興味持てなくて、校内歩くだけで
文句ブーブー。
コウメはそれなりに見ていて
意見を言ったり。
スミレもじっくり見ていて
ああやっぱり興味あるよねーと思っていたら
「足痛いわ、、、」って。
あの、、、、普段、どれだけ歩いていないんですか!あなた!
狭い校内歩くだけで疲れるなんて!
帰り際には
「みんなうますぎる。私なんてこんな学校無理。。。」と。
どうしてそこまで自分に自信ないの!!!
みんなが羨む図工展に選ばれたことあるの、
スミレだけなのに!
なぜ!!!!!!!!!


スミレ、美容室デビューです!

中学に入ったら美容室で髪を切りなよ、
って話をしていたのですが、
行きたくない、切りたくないの一点張りで
ずっと過ごしていたくせに
「みんな女子は髪の毛が綺麗。
 みんな美容室行っている」
っていうことも言っていて。
どっちが本当の気持ちなのかわからなくて。

でもとりあえず、ボサボサ、絡まりまくりで
毎日イライラしていたので、
無理やり連れて行きました(笑)。

そんなん、絶対に綺麗にならへんわ!

と言いながら美容室で別れたのですが
終わって出てきたときには、
サラサラの髪の毛になって超ご機嫌でした(笑)。


さてさてあと2ヶ月で卒業、なコウメさん。
そろそろ卒業文集のチェックを
親がしないといけないはずなのですが
なんの音沙汰もない!

どないなったん?
と聞いても、ワカラーン。

何を書いたん?
と聞いても、オシエナーイ。

将来の夢はなんて書いたん?
と聞いても、サアネ。



オイコラー!

卒業式の日に、びっくりひっくり返る前に
教えてくれーーーーーーーーーーー!!!!

それよりも、今度の参観日、何を発表するんじゃーい!
教えろー!!!!!!!!!!!!!!!!

テスト前です

3学期に入ってすぐにチャレンジテスト。
終わったかと思ったら、次は実力テスト。
で、それが終わったら学年末テスト。

と、中学生はテストの連続。

大変そう。。。

だけど、とりあえず、自分で勉強をしているので
私は見守るだけ。これがなんと楽なことか。

そう。子供が勉強さえしてくれたら。
テストに向けて。いや普段から、コツコツ勉強してくれていたら。
多分、結果が、期待値以下であっても、
私は心おだやかに過ごせるんだと思います。

どこのご家庭の親御さんもそうだとは思うのですが
(そりゃ中には、点数だけ超重視する人もいるかもだけど)
子供がコツコツ勉強してくれさえすれば、
勉強しろだの、そんなんでいいのか、だの、
文句を言ったりはしないんだと思うんですね。
(まだ1年生ですからね)

勉強せずに遊んでいるとか、ゴロゴロしているとか
なんとかなるし!と言ったりとか、
そんなことに対して、親は怒っているわけで。

ま、そんなわけで。
勉強していれば、私は怒らない。
勉強も、自分で計画立てて考えて、
それなりに悩んだりしつつも、
わからないことがあったら、聞きにきてくれたら
それはそれは満足なのです。
(まだ1年生ですからね)


結果があかんかったら、また反省会すればいいんだし。
1年生なんだから、まだまだ
「次はどうしたらいいのか?」を考えて、やってみたらいいだけ。

てことで、テスト前だけど、
スミレが自分で勉強しているので、
家の中は、比較的おだやかです。。。
学年末テスト前は、こんなんじゃないんだろうけどね。。。ひゃー。

淀工コンサート

淀工のコンサートに行ってきました。

スミレも吹奏楽部に入り、それなりに音楽を楽しんでいて
部内コンクールの時の曲は
コンクール前も後もずっと口ずさんでいるほど。

時々、ユーチューブで他の学校やプロの演奏を
観ることもあり、担当のバスクラリネットのことについては
色々教えてくれることもありました。

そんなわけで、学校の先生から
淀工のコンサートのチケット販売の話を聞き
すぐに申し込みました。

そして、今日、コウメやユリも一緒にコンサートへ。

フツーの高校生の吹奏楽のコンサートが
フェスティバルホールであるっていうだけでスゴイ!
しかもお客さんは幅広い年齢層の男女。

おじいちゃんの年齢の方も来ているもんね。
淀工吹奏楽部のコンサート聴きに来ている常連さんもいるもんね。

で、やっぱり金賞を取るような学校の演奏はすごい。
うますぎて、すごい。高校生のレベルとは思えないほどすごい。
私、正直、吹奏楽とか全然興味なくて。
どちらかというと、のだめちゃんからオケの世界知って
それに付随する感じで吹奏楽って面白いのかもな、
なんて思っていたくらい。
でもそんな素人な私でもわかるすごさ。

で一方で、コンサートとして
お客さんを楽しませることもわかっていて
一緒に歌ったり手拍子したり、
うちのユリですら軽く手拍子するくらい
飽きさせないプログラムでとても楽しかったです。

顧問の先生がすごいっていうのもあって
全国から淀工の吹奏楽部に入りたくて
引っ越してくる親子もいるほどなんだとか。
(公立高校なんで、寮もないし、
 とりあえず大阪府に住んでいないと受験もできない)

スミレも演奏に聞き入っていて
「スミレが学校で吹いているバスクラよりも
 長いものがあった、私だったら、あれ
 絶対に床についちゃう、、、あれ、無理や、、、」
と勝手に心配したりしていて、
それなりに楽しんだようです。

来年はコウメが吹奏楽に入ったら
コンサートに行こうっかー
でも今日ですらモゾモゾしていたユリは
やっぱりなんか小学校の部活に入って、
発散してこなあかんよなーと

そんなことも話し合ってきました(笑)。

***

スミレは、ずっと友達関係のことで、色々問題を抱えていて
もう自分にはどうすることもできなくて
諦めていて、ただひたすら耐えて
高校で今の人間関係から逃れられる日を望んでいます。

あと2年もあるけど。。。

そんなわけで、先日、スミレがささいなことをきっかけに
発狂してめちゃくちゃになった時に、
色々話しました。
発狂の原因は些細なことだったけど
その奥には、やっぱり友達関係のことがあったようで
今、どんな状態なのか詳しく話を聞きました。


ま、お母さんにできることは話を聞くことと
それを学校に伝える事だけやから、、、

というと、そんなんお母さんができることは
お金をくれる事だけや!

と。

やばいな。これ。。。

なんか、結構、この状態やばいかも。

そんなことを直感で思ったので、
翌日、担任の先生に
スミレの身に起こっている事と
スミレの気持ちについて話をしました。

担任の先生もすぐにスミレと話をしてくれたようで
学校から帰ってきたスミレは
前日の荒れっぷりとは比較にならないくらい上機嫌。

ちゃんと気持ちを伝えるって大事やん。


この事で、スミレが悩んでいることが
劇的に変わることはないけれど
いろんな人に相談しながら、
乗り越えられていけたらな、、、と。
あともう一歩、踏み出せたら、
楽になるんだろうけどなー。

そんなことを思った1週間でした。
この1週間も濃密だったー。ひゃー。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす