FC2ブログ
   
09
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

山一つ乗り越えた〜と思ったらまた次の山登場

1週間の初めに「この1週間でやること」を
must,want分けずに手帳に書いています。
とにかく思いつくことをだだーっと。

「お弁当関連の引き出しを整理する」
「水筒を一箇所にまとめる」

といった小さなことも書いておきます。

すると、スケジュールパンパン!だと思われていた日に
10分だけ空き時間ができた!
そんな時、手帳見て、
10分でできそうなことがあったらやるんです。

働いているオカーサンにとって10分って、
めちゃくちゃ貴重で長い時間です。
10分しか、じゃなくて10分も、あったら
できることや山のようにある!

そして、手帳に書いた「やること」リストができたら
一つ一つ線を引いて消していく、その快感もたまりません。


今週の初めに掲げたもののうち、
気の乗らないものが2つありました。

1つはリサイクルショップへの電話、
もう1つはコウメの担任への電話

です。

1つ目は、何度かけても繋がらないのでイライラするので
初日に何回かチャレンジしてダメだったので
もう諦めました。来週また再チャレンジします。
(実際にはお盆明けからずっとかけているので
 再々再々チャレンジくらい、、、笑)

2つ目の方は、今日、終わりました!ヤッホイ!

先日のブログにも書いた通り、先生からの宿題のお返事を
きっちりしました!

終わった途端、すーっと肩の荷が下りた感じ!
ていうか、今週1週間の仕事を全部終えた!って感じでした。

ヤッホーイ!

そのあとは、眼科、図書館、薬局、業務スーパーを回って
のんびりティーバーを見て、お昼ご飯を食べて、
撮影用のランチョンマットを作って、ウホウホして

(あ、ちなみに今日は仕事休みなので、
 こんなにのんびりできるんですが)

残すは、3人の矯正歯科の付き添いだけ。

ヨユーヨユーと思って行ったら、、、

なんと、ユリの矯正歯科を断られた!

うちの病院では対処できない、と!
(じゃあ、春に診断した時に、その可能性を伝えろよ!)

じゃあどこの病院ならいいの?紹介してください、と伝えると

できません、、、どこの歯科で
●●という装置を使っているかわからないので、、、と言われました。
  
えええええええええ?????????

一から探さないといけないの?

ま、私が行っている矯正歯科の先生、
ほんま、プロとしての自覚なしで、
いつも曖昧な表現でかわそうとするし、
こちらの要望や、困っていることに対しての
提案が、全然要望に沿っていない!困ったことへの解決になっていない!
不信感が増すばかりだったんです。
こちらも、はっきり要望を伝えるようになったら
ようやく渋々対策を変えてくれて、、、
で、ようやく、子供たちの歯も揃ってきて、、、
でも下の歯は手付かずで、、、。

色々あります。何年かよったらえねん!!!むか!

てことで、はあ、また歯科探しの日々です。。。

疲れます。。。めっちゃ難関です。。。

はあ。次の山を乗り越えられる日はいつなんだろう?

スポンサーサイト



前へ進めるよ、自分のチカラで。

コウメの反抗期というか、思春期というか
もう真っ盛りの盛り盛りで。

常にイライラ。
こちらがちょっと喋っただけでイライラ。
もう体の中、イライラ菌しかないだろうな、と思うくらいイライラ。

本人自身、やりたいことが見つからない。
友達もいまだにできない。

そんなことも要因の一つでしょう。
中学生、難しい年頃です。

いろいろモヤモヤしているけど、
それをどう解決したらいいかわからない。
でも自分の中でも戦っている(たぶん)と思うんです。
戦っている問題から逃げる、という選択肢も選びながら。

だから常にモヤモヤ、イライラ。

それはわかるんだけどね。

で、飛び出す言葉が

「何をしたらいいの?」
「何も楽しいことがない」
「楽しいことがしたい」
「楽しいところに連れて行って」

ま、コロナ時代、楽しいことは二の次な感じで、
それでも、旅行には行ったし
夜のショッピングモールにも行ったし、
こちらとしても、なんとかやっているつもりなんだけどね。

ま、時々、コロナに気をつけながら、
楽しいことも入れる生活を考えていかないとな。

何より、今、ほんま、マジで、暑いので
昼間に出かけられなくて、遊ぶネタも方法も
すごく限られてきています。

そんな中で、そうだ、やってみようと思ったのが
夜にIKEAに行く作戦。

IKEAの近くに住んでいた頃は、
平日の夜はIKEAで過ごすことが多くて
ちょうど子供達も小さくて、遊びに行くには
めっちゃイイところで、何度も行っていました。

引っ越してからは、
人が多い休日の昼間に時々しか行けなくなって。

夜なら人も少ないだろうし、ゆっくり見れるだろう!


と思い、昨晩、行ってきたのですが、、、



多かった。。。


人、多かった。。。


昼間、入場制限していたらしく、
そのせいなのか、夜まで人がずっと滞在している、、、

そんな感じでした。。。

とりあえず、ご飯食べて、
買うつもりだった消耗品&食料を買って
子供たちはアイスも食べて(私は時間オーバー)
ネットで頼んだ時に割れていたお皿の返品手続きをして
バタバタで帰ってきました。

レジに並ぶ時間、ラザニアを待つ時間、、、
それにほとんどを費やした、、、そんなIKEA滞在でしたが
大雨の中、大阪の街を車でぶっ飛ばしたこととか
街灯と信号が綺麗だったこととか、
そんなことだけでも、思い出として心の中に
残ってくれたら嬉しいな、、、。

***

さて、コウメもそうなんですがユリも試練の時がきました。

「4年生になったら課外クラブに入る」

ことを約束し、3年生の間は、週1のお散歩だけで
スポーツは一切なし、家でゴロゴロ生活を許していました。
4年生になっても休校が続き、いざ1学期が始まっても
「4年生の入部は2学期以降」と言われ、
私としては、どうしようもなく「仕方ない」と思い、
ゴロゴロ生活を続けていました。
加えて、この暑さ。
スパルタ母であり体育会系、根性系の私ですらも
流石に「外に行こう」とは言えず、
8連休の時も、できる限り家で過ごすことを提案。
自転車で遠くに出かけることも控えてきました。

で、さらにゴロゴロが加速。

ようやく2学期に入り、4年生の入部が許され
先週末、入部届けを出し、早速練習に行ってきたのですが、、、

もう何もかもが試練。

入部届け1つ出すにしても、
今までやったことのないことをやらなければなりません。
(職員室に行く、とか、先生を呼び出す、とか。
 ま、結果的には、職員室に行って先生を呼び出さなくても
 教室に来た先生に手渡すことができたようで、
 難関クリア!とはならなかったけど、やるべきことはできたからヨシ)

姉さんたち2人は、課外クラブに入らなかったので
「我が家で初めて」のことを、
三女ユリがやらないといけないわけで。

それはもう、何もかもが未知の世界。
土曜日の練習に行くにしても、
朝練に行くにしても、
姉さんたちがやらなかったこと
手順、持ち物、モチベーション、早起き
全てに一人で挑戦していかなければなりません。

でも、これをやらないと、前には進めない。
ユリがユリらしくあるためには、
いつまでもお姉さんたちと同じことをしていてはいけない。
友達作りで難航しているコウメと同じ道を辿らないためにも
やっぱりいつか「コウメ離れ」をしないといけない。

「コウメが喋らないから私も喋らない」と
自分の意思で決めて、その思いを貫いてきた
幼稚園〜小学校時代。

「やっぱりなんか違う」
「ひとりぼっちは嫌」

という思いが芽生えてきたのは、
明らかにユリが「コウメとは違う」人間だから。

だからこそ、やっぱり、
一人で新しい道を歩んで欲しいと思う。

幸い姉さんたちは、温かく見守ってくれている。
この家で、ユリだけが「運動」を人並みにできると思っているから
だからこそ、ユリには「運動」を勧めている。

コウメはコウメで、スミレと同じ道しか通っていなくて
「自分探し」で躓いていることに、
もう気づいていい時期だと思う。

お姉ちゃんとは違う、妹とも違う、みんなそれぞれ違う
お姉ちゃんができて自分ができないことを
卑屈に思うのではなく
自分が得意なことを見つけて、自信をつける
ということを、自分でやっていって欲しい。

それができれば、コウメもユリも
グーンと成長するから。

私にできることは、ちゃんと朝起きて
栄養あるご飯食べさせて、応援してあげること。
本人からはなかなか相談してきてくれないけれど、
話を聞いてあげること、一緒に悩んであげること
そんなことをしてあげたいな、と思います。

かあちゃんも頑張らなな!


最近の娘たち

学校で先生から「もう出ていきなさい!」って
言われた子、いる?

そんな話をしていたところ、
ユリが衝撃の告白!


「去年かな、そんなふうなことを言われている子がいててんけど、
 ユリな、『いいな〜、帰れるんや〜、いいな〜』って思ってん」


そうか。そういう発想か!姉さんたちにはなかった発想だよ!


ちなみに、高学年にもなると、
「出ていきなさい!」と言われたら
たいていの子は出ていきます(笑)。
そして、慌てて先生が追いかけます。

低学年なら、泣いて謝ったりするんでしょう。たぶん。

でもコウメが2年生の頃の同級生は
「わかった!もう帰るわ!」と言って
ほんまに帰りそうになったので、
担任の先生が泣いてしまった、、、という事件がありました。

ユリが先生に激怒られることはないと思いますが

「出て行け!」と先生に言われたら、
「わかったわ!」と言って、
冷静にロッカーにランドセルを取りに行き
机の中まで忘れ物ないか確認して、
さっと教室を出て行ってくれると嬉しいです。
そんな子に育って欲しいと常々思っています。

ま、そんな子に育ってしまったらしまったで、
いろいろ悩むことがいっぱいあるんでしょうが。
悩みだらけでしょうが。

でも、憧れます(笑)。

***

次は
ボケボケコウメちゃんの話。

担任の先生に激怒した(わたしが)のは1学期の終わり、
そのあと、ちょこちょこと担任から連絡をもらうようになりました。

コウメさんの気持ちを聞いてみてください、と。

宿題出されたので、今度、お返事しなければ、と思います。
ああ、困るなあ。悩むなあ。。。電話にしようかな。手紙にしようかな。
アクション起こさないとな、、、。はあ。
そして非協力的なコウメ。たく。面倒だな。。。


さて、そんなコウメさんですが、
今、お弁当箱洗いをしています。
先日は、◯分間で洗うから△△分には終わるはず!
と目標を立ててからささっと洗っていました。
すごいな。目標を立てて、それに向かって頑張る
そして達成できたかどうか確認する。
その行動が素晴らしい。まさにPDCAサイクルですよ。

と思っていたのですが、今日は、洗剤のアワアワを楽しみながら
のんびり洗っていました。ま、それはそれでいいんだけど。

先日、日曜日、みんなが一斉に家にいる日。
朝から機嫌の悪いコウメさんとは
カクカクシカジカいろいろありまして
ま、ガチの喧嘩をしまして、
取っ組み合いの喧嘩になりまして、
私負けました。

スミレは、ガチの喧嘩であっても
取っ組み合いの喧嘩にはならず、
なったとしても、少し手加減してくれていたのですが
コウメはしません。まじ暴力で死にそうでした。

コウメには「お母さんて弱いな」って言われました。

私は親と取っ組み合いのような喧嘩はしたことがないので
とても新鮮です。女子でもあるんだな。ははは。

でも原因はとってもしょうもないことです。
アホすぎて言えません。でもいつか言います。

最近、子供たちと喧嘩するときは、
わざと大きい声で、汚い言葉を使って、叫びます。

ご近所さんに聞こえる声、というのもポイントです。
恥ずかしくて「やめて〜」と言ってきます。
というより、私の汚い言葉が娘たちにウケてます(笑)。
普段、そんな汚い言葉使わないんで。
「ウッセー、バーカ」とか言うと確かに気持ちいいです。
理屈を説明しようとか、納得させようとか、
そんな気持ちが全部吹き飛ぶくらい気持ちいいです。

ま、私、これでも気が長いので、
冷静にいろいろ話したり、提案したり、いろいろやりますけどね、
それでも聞かん場合にのみ、
ブチギレて「〜ってんだよ、バッキャロ〜」
って言うんですけどね。おもろいです。大声で叫ぶのって(笑)。

さてさて、そんなコウメさんですが、
お出かけするときに、自転車じゃなくて車がいい〜と
言うことがあるんです。
そんなとき、コウメは

「泣いたら、言うこと聞いてくれるんちゃうかな?」

と思うそうです。

今まで子供が泣いたからって、要望を叶えてあげたことなんて1回もないのに!
ちびまる子ちゃんの世界にありそうな話だね。
おじいちゃんが可哀想になって、まるちゃんの要望を聞いてあげる、、、みたいな(笑)。


そんなわけで、コウメとユリの珍発言でした。


鉄板ネタ

怒ったり泣いている子供たちを
笑わせるテクニックがあります。
(我が子にだけ通用するテクですが)

以前は、顔をじーっと見る、それだけで
ブファーと笑いが取れたのですが、
最近は、私が顔を近づけてじーっと見ても
踏ん張って笑わなくなってきて。

ですが、私が手を振ると、100%笑うようになりました。

ええ、半袖限定です。
私の二の腕がプルプル揺れるのを見るのが
ウケるらしいです。

おばちゃんになると、二の腕を隠すような服を着ること
手を振るときは、脇を締めて、
二の腕が自由にならないようにすることなどを
アドバイスしておきました。

将来、娘たちの役に立ちますように。。。

あっという間に4日間

8連休のうち4日間が過ぎました。

早いよー。

先日、昔の自分の服や子供服が大量に出てきたので
早速セカンドストリートに行って売ってきたら
買取価格322円ですってよー。
(大きな紙袋3袋分)
ぎゃほー。安すぎるよー。でもまあ引き取ってもらっただけいいっか。
そう思わないと、モノって手放せないよね。


久しぶりに、スミレとコウメも部活休みになったので
コーヒー屋さんにモーニングを食べに行きました。

子供たちが、ほんまに小さい頃は、
よく朝マックに行ったな〜と思いながら
でも今は、おしゃれなコーヒー屋さんです。
飲み物の値段だけでトーストが付いてくるなんて!
と、みんなで大興奮しながら、
何を頼もうか、真剣に悩み、それぞれ違うものを
選ぶことができました。
(いつも3人同じものを注文したがるので)

おしゃれなコーヒー屋さんで一番盛り上がった話題は
「どうやったらコウメの女子力が上がるのか」という話。

買い物に行っても、なかなか買うものを決められない。
それは服を決めるときも、雑貨などを決めるときも
本当にいつもいつもずっと悩んでいて、
一緒に付いて行っている人がほんまにクタクタになるくらい
ほんまに選ぶのに長い時間かかるんです。

じゃあネットで調べてから行ったら?とか
ネットで買ったら?とか
ネットや雑誌を見て、どれを買ってほしいかを
プレゼンしたら?と

長い春休みの時からずっと言っているのですが
それでもできない。

「スミレはいつも可愛いものやいいものを買うよな、
 女子力あるよな、なんでそんなことができるん?」

って聞いてくるのですが、スミレは、いつもアンテナを張っているだけ。
雑誌読んで、お店の名前を覚えて、
そのお店に行く機会があったら、これをチェックしようと
自分でちゃんと考えているから。

コウメも、こんなのがほしい、こんなファッションが好き
次買うならトップスの●色、ボトムスはこんなの、
っていうのをリストアップしておいたら
急にしまむらに行くよ、急にショッピングモールに行くよって
なったときにでも、目的を持って服を見ることができるやん

そんな話をスミレと一緒にコウメに伝えたのですが

「うーん」「何がほしいか、わからへんもん」

という答えだけ。

じゃあ、コウメはどうやって買い物するの?
買う決め手は何?

「うわ、これ、めっちゃいいやん。
 しかも値段もいいやん!」

ってなったら買うねん。

「えええええー」

それやったら、全然、買われへんやん。

ま、確かに、ショッピングモールに行っても、
ブラブラずーっとお店見ているから、
「買いたいものあった?」って聞いたら

「ない」

ばっかりやもんなあ。

ほんまに、これ!って思うものに出会ったら
それを買うのはとてもいいことなんだけど、
そんなん言うてたら、服なんて、絶対に買われへんやん。。
いつも同じような服を買ってしまっているやん。。
それやったら勿体無いやん。。

色々思うことはあるのですが、
それをしげおに伝えたら

「わかるわー」

だと。コウメの脳としげおの脳の構造は一緒なのね。


ま、そんなわけで、コーヒー屋さんでコウメの女子力向上の
結論は出ずに、お昼のサンドイッチを買って帰りました。

女子だけのモーニング。楽しいなー。
また機会があったら、行こうっと。


***

この夏休み、なんか作りたいなーと思いつつ
工作のアイデアは1つくらいしかなくて。

ちなみに、その工作は、蚊取り線香を作ること!

そのために、わざわざ自然素材の薬品と
タブ粉をアマゾンで購入しました!

アロマも入れられるので、匂いも自分の好きなようにできて
乾燥させた翌日から早速使えるので、とても便利です。

調剤する器をユリに割られてしまったけど
違うもので代替できそうなので、
それでまたたくさん蚊取り線香作ろうっと。
ま、この夏、暑すぎて、蚊もあんまりいないけどね。



スミレは作りたいものがたくさんあるらしく、
レジンでチュッパチャップスを作ったり
クリームソーダを作ったり
ぴえんクッキーを作っていました。

クリームソーダはね、初めて作ったのですが、
コツがあるんですよ。
ま、私たちは知らずに、
クリームソーダ大爆発事件を起こしてしまったけどね。

そう。炭酸水にアイスクリーム乗せたら、爆発するんですよ。
アイスクリームが見えないくらい泡がぼわーっと出てきて
器から溢れる溢れる。慌てて食べたら、泡ばっかりで
そのあと、ゲップ祭りですわよ。

なんでやろう?なんで爆発しちゃったんだろう?
スミレがコーヒー屋さんんで頼んだクリームソーダは
爆発してなかったよな?なんでなん?

って聞いたら

スミレが

「そういえば、お店のクリームソーダ、
 やたら氷だらけだったよ、それが原因かも」

えええええええええーーーーー!

どうやら、氷の上にアイスを乗せたらいいらしい。
要は、炭酸とアイスは接触したらあかんらしい。
ついでに、後から知った話だけど、
炭酸も、ちょっと泡を抜いたらいいらしい。

ま、そんなわけで、クリームソーダ、大変勉強になりました。
なんだかんだ言うて、クリームソーダって
家で作ったことなかったもんね。
次は、成功させるぜよ!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす