06
1
2
4
5
7
8
11
13
14
15
16
17
19
22
24
25
26
27
28
29
30
   

世界で二番目に美味しいメロンパンアイス

この1週間は、ぴあのちゃんのこともあり
あっという間に過ぎました。

梅田に行く用事があったある日。
仕事を終えて、急いで帰って着替えて
自転車爆走して駅で切符を買おうとしたら

財布がないー!!!!

サザエさんかよ!なことをしてしまって
急いで帰ってまた駅へ。

本当は、梅田でゆっくりお茶でもしよかなー
と思っていたのに、そんな時間もなくなりゃ
2度目に駅に着いた時に
あまりにも喉が渇いて、自販機でジュースを買って一気飲み。
お茶どころじゃなくなりました。

土曜日は手作り市で知り合った作家さんの
展覧会に。

動物好きで、犬2匹、猫4匹飼っている作家さん。
動物のことでもいろいろ相談に乗っていただいています(笑)。

道頓堀近くのギャラリーでの展覧会だったので
その後は、こうめが行きたがっていた

「世界で二番目に美味しいメロンパンアイス」の店へ。

めちゃくちゃ期待していたのですが
焼きたてメロンパンにアイスを挟むもんだから
溶ける溶ける。速攻溶ける。
えらいこっちゃーな感じで食べていました。。。

美味しいとか味わってられへんかったわ!と。

その後は、心斎橋筋をブラブラと。

うさぎのモチーフの雑貨を見つけると
ぴあのちゃんを思い出し、胸がきゅいーん。。。。。

しばらくはうさぎの絵が描いてあるものも
モチーフも、あかん、、、かも。。。

子どもたちに、

「またうさぎ、飼いたい?」

と聞いたら

ス、コ、ユ「うん!」


かあちゃん「でも、新しいうさぎが来たら
      ぴあのちゃんのこと忘れてしまわへん?」

ユリ「忘れへん!写真飾ってるもん!」

コウメ「たぶん、、、大丈夫やと思う、、、」

スミレ「そんなん言われても、、、わからんわ。
    でもスミレな、はなちゃんのこと今でも思い出すで」

うんうん。
毎日思い出さなくても、時々、思い出すようなエピソードがあれば
たぶん、きっと家族の間で話題になって、
その度に、ちゃんと思い出せるんやろうな。

動物は死んじゃって辛くなるから飼いたくない

と、ぴあのちゃんが動かなくなった時、こんなことを思ったのですが
辛い思いよりも、楽しい思い出の方が
たくさんたくさんあって、それはぴあのちゃんが
いたから経験できたことで、それこそがかけがえのないことで
やっぱり動物を飼うって、楽しいことがいっぱいだな、と
ここ数日はそう思っています。

いつかまたうさぎさんが
うちの家族になってくれますように。
ぴあのちゃんとの思い出とともに
楽しめますように。
スポンサーサイト

旅立ち

木曜日の晩、ぴあのちゃんが旅立ちました。

おしっこが出ない▶️下痢▶️食べられない

毛球病でした。

スポイトを使って水を飲ませたり、
りんごやニンジンをジュースにして飲ませたり、
お腹のマッサージをしてあげました。
でも、家での治療にも限界があり、どう頑張っても
溜まった毛球は排出されず、
ぴあのちゃんの食欲も戻らず、最期を迎えました。

ウサギは、四つん這いの姿勢が基本なのですが、
最期はどちらかに体を傾けて、
両足揃え、前足も揃えて、息を引き取ります。
うさぎ島で息絶えたうさぎを見たことがあったので
ここ数日は、家に帰ると、そんなポーズになっていないか
ヒヤヒヤしながら確認していました。

最期は家族みんなの前でした。

しげおが餌をあげようと、
ソファの下に隠れているぴあのちゃんを抱っこすると
キュイーンと鳴いたのです。
うさぎは鳴かない動物です。
どうしても嫌な時だけ鳴くらしく、
私たちは今までぴあのちゃんの鳴き声は
一度も聞いたことがありませんでした。

今思えば、最期の力を振り絞って鳴いたんだな、と。

猫も人目につかないところで最期を迎えると言われているけれど
ウサギもそうでした。
こっそりソファの下で最期を迎えようとしていたのかもしれません。

そしてしげおが抱っこしている間に
みるみる力が弱っていき、
最期は、自らあのポーズになったのです。

最期の瞬間を見るのは、とても辛くて
でもみるみるうちに体が硬くなっていくぴあのちゃんの
体を触ってあげるだけで精一杯で。

でも、晩御飯後のことだったので
子供たちもみんな揃って、
ただひたすら体を触ってあげました。

あのふわふわの感覚は忘れられないだろうな。

いっぱい触ってあげた後は、
ふわふわのベッドを作ってあげて寝かせてあげ
お風呂に入れてあげ、汚れていたお尻も綺麗にしてあげました。
お腹のあたりに保冷剤を置いてあげて
腐食しないように一晩寝かせてあげました。
それでも、小さなハエが寄ってきていたけど。

早く天国に行かせてあげたい、と思い
次の日に葬儀屋さんに連絡して、火葬することに。

動物霊園なるところに行き、
人間と同じようにお焼香したり、
お花や好きだった餌を棺の中に入れたり、
お手紙もみんなで書いてぴあのちゃんに渡しました。

最期の別れをして、
道に迷わずに三途の川を渡れるようにお祈りして、
帰路につきました。

たった2年4ヶ月の命だったけれど
ぴあのちゃんのおかげで、みんなが癒されたことは
まぎれもない事実です。

やんちゃで、柵の間から抜け出し、
柵も余裕で飛び越え、
家中いろんなところに行ってはウンチをばら撒き
トラの餌を奪い取ったり、
最近は、トラのちょっかい攻撃から逃げまくっていたり
元気すぎるがゆえに15年くらい生きるんちゃうやろうか
と思うくらいたくましく育っていたから、
まさかこんなに早く別れの時が来ようとは
思ってもいませんでした。

小動物の進行は早いとはいうけれど
本当に早くて、あっという間でした。

もっと一緒にいたかった、、、
旅立ってからも、にんじんやリンゴの皮をむいたものを
ぴあのちゃんのところに届けようとしてしまったり
ぴあのちゃん、、、と話しかけに行こうとしたり
まだまだ居なくなった現実に慣れずにいます。

ぴあのちゃんの具合が悪くなってから
落ち着かなくて寝れなくて
お酒の力を借りて寝る日が続いていたのですが
火葬を終えた日には、ホッとして、お酒なしで眠れるように。

いっぱい泣きました。
いっぱい体を触ってあげました。

でもやっぱり、まだ心残りがあります。

忘れられる日が来るとは思うけれど
忘れたくない、、、。

その葛藤としばらく戦うことになりそうです。

でもやっぱり短かったな。。。
もっと一緒に居たかった、、、。
その思いばかりが募ります。

ときどきでいいから、天国から見守ってくれるといいな。
最後に、そんな言葉をかけて。

あ、まだ三途の川さえ、渡っていないんだけどね。
ちゃんと渡りきるんだよー!

全然聞こえていない*発覚した事実*扱いにくさ12年

4月は忙しくて、なかなかユリの耳鼻科に行けず。
5月に入ってからも、ドタバタで行けず
どうせ再検査の紙を学校からもらってくるだろうから
学校の耳鼻科検診が終わってからでいいか。

と思っていたら。

今日、耳かきをした時にユリが
「そういや、この前の学校の聴力検査の時な、
 ユリな、左耳、全然聞こえてへんかってん!」

って、うっそーん!はよ言いなさいー!!!!
って、聞こえへんかったこと、自信満々に言うなー!

耳鼻科検診の結果なんて待たずに、行かなあかんやーん!

ただ、、、行く日がない、、、。

今週は、姉さんたちの通院もあるし、
全然、行く時間、、、ない。。。
毎日仕事あるし、仕事終わってから、、、っていうのも
結構大変、、、(エンドレスに待たないといけない、、、)。

でもとりあえず、時間見つけて行かなな、、、。とほほ。
フルで働くお母さんは、
いつ子供たちを病院に連れて行っているんだろう。。。
夜だよな。。。夜。。。
晩御飯すっ飛ばして行っているんだよな。。。
えらいな。。。

***

今日は、子供たちの先生の家庭訪問でした。

そこで明かされた事実。

コウメの先生。
「コウメちゃん、日記に、ウサギのこと書いていましたよね。
 学級通信にも載せましたけど、ご覧なりました?」

え?ガッキューツーシン?
そんなの1枚ももらっていませんでしたけど。

「えー?今までに5枚出したんですけどねー」

ご、ご、5枚も!!!


***

スミレの先生とは、毎年、
「うーん」「うーん」で、話が終わります。
家庭訪問時も、個人懇談時も。

スミレの扱い方がわからない。。。

友達がいないこと、
クラスの子と交わろうとしないこと、
グループ討論の時も、全然話さないこと、
いろいろ問題がありすぎて、悩むそうです。

学校での様子と家での様子の違いにびっくりされ
余計に、わけがわからなくなるようです。

ですよね。
親の私でさえ、0歳児から「育てにくさ」を感じてきて
12年経った今でも、「育てにくい」と思っていますから。

***

ま、そんなわけで、家庭訪問が終わって、一安心。
久しぶりに掃除したら
「床がツルツルするー」だと。

すみませんね。。。いつもベトベトで。。。
せっかく綺麗になったんだし、
毎日この状態をキープできれば、、、。

、、、

できないな。。。(諦めはやっ!)

事実無根

先日、しげおから衝撃の事実を伝えられました。


「ぴあのちゃんかわいいなー。
 でも、うさぎ飼うことになったんは
 ママがうさぎをゴリ押ししたからやで」


えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
私、ゴリ押しなんかしてへんし!
そもそも、シジューの誕生日プレゼントに何がいい?
って聞いたら
「うさぎがいい」ってしげおが言ったから
お迎えすることになったのに。

「いやあ、ママが「うさぎかわいいな」って
 よく言ってたやん。ゴリ押ししてたやん」

って、うそやー!
うさぎはかわいいっていうのは事実で
そりゃ、言っていたかもしれないけれど
そんなんうちの家族なら、
ぴあのちゃん飼っていなくても全員
「うさぎはかわいい」って言うに決まっているし
ゴリ押しとか言われたら、たまらんわー。
事実無根じゃー!

ぴあのちゃんが家族になった経緯

事実は、こちらです⇧

飼う時、「ママがうさぎが良いって言ったから」
なんて、しげおも、ひっとことも言っていませんから!!!

後から事実を変えるだなんて、
ファウンダー見たからやろ!
あのおっさん、野心家すぎるし
口約束守らへんし、あかんすぎるで!

映画「ファウンダー」



ゲーム三昧*ガッキューヘーサ

週末はゲーム三昧でした。

ゲームいうても、我が家の場合は、
board gameやcard gameですが。

土曜日は、コウメがオセロしたいと言うので
対戦相手をしていたんだけど
「勝つまでやめない!」
と言い出したので、全然終わらなくて。
1度、引き分けになったんだけど、
「勝っていないから、もう一回!」と。

「本気を出してほしい」というので、
本気で戦ったので、結局6、7戦したのですが
結果は同じ、、、でした。。。

翌日もオセロ!と言っていたのですが
ユリが「ゲーム棚にあるカルタを全部したい!」
と言い出したので、日曜日はカルタ大会に。

うちにあるカルタ(百人一首も含む)6種類を
ひたすら、やる、やる、やる。

対戦相手はコウメだけで
私は、ひたすら詠み手に徹して。

家族の中では、
この手のゲーム系に断然強いのがコウメです。

そのコウメが相手なんだから、負けて当たり前。
いい勝負をするには、コウメに
ハンディをつける必要があると思い
「ユリ側の札を多くしてあげたら?」
と提案したら、ユリが泣いて
「それはしたくないの!」と。

ユリも、コウメに劣らず
負けず嫌いではあるけれど、
4年生相手にガチ勝負をしたがるとは
なかなかプライドが高いよね。。。

結局、ガチ勝負で対戦。
ま、当たり前だけど、全部負けるわけで。
接戦したものもあるけど、大差つけられて
負けるのがほとんどなわけで。。。
ま、途中、何度も泣いて、わがまま言いだしたりして
何度も雷落としたり、
何十分も中断することもあったけど。
ま、それでも、1年生にしてはよく戦ったと
思うような札数でした。

百人一首も、百人一首部(課内クラブ)であり
得意札を持っているコウメ相手に
かなりの枚数取っていたし、
本気で戦うからこそ、最終的には
スッキリした表情でカルタを終えることができたようです。

ま、私の疲労は相当なもんだったけどね(泣)。



ちなみに、スミレ姉さんはこの日、
しげおと二人でスキーへ。

下手くそチームの
ワタクシ、コウメ、ユリがいないので
難しいコースを、いっぱい滑ることができて、
大満足だったらしい。


ま、そんなわけで、留守番チームは
カルタ三昧だったというわけで。はい。
ま、そんな留守番チームだけど、
コウメの運動のリハビリを兼ねて、
片道20〜30分自転車で走り、
ショッピングモールに行き
スキー用の手袋や靴下を買って、
次のスキーに向けて準備万端でございます。

***

さてさて、念願のカルタ三昧で満足したユリですが
今朝は、私が出勤する前に起きてきて
ささーっと着替えて「縄跳び、数えて」と。

何をするのやら?と思っていたら
宿題の縄跳び課題を1日分忘れていたようで
1日分跳び終えたら、
ささーっと家に帰って行きました。。。

私の出勤時間もちゃんと覚えていたようで
それに間に合うように起きてきたらしい。。。
いつもより1時間も早く目覚ましかけて
ちゃんと時間通り起きて
「ママ、早くしてね」という姿に、
朝から、腰抜かしそうになりました。。。

いつもなら、のんびり出勤準備をしている私ですが
ユリに急かされたおかげで、
いつもより早くに職場に到着しました。。
しっかりした子供がいると、
お母さんも、頑張れるね。。。

***
さあ、今週は、インフル患者もいないし、
家の中整えたり、製作したり、勉強したり
いろいろやるぞー!!!

と思っていたら

いたら

いたらーーーーーーーーーーーーー!!!


スミレのクラス、ガッキューヘーサ!!!

月曜からのガッキューヘーサ!一番辛いのに!

次の登校金曜日ですってよ!!!

ムキャー!!!


プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす