02
2
3
5
6
7
9
11
12
16
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

うみとうめと

少し暖かくなってきたので
梅と海を見に須磨離宮公園に行ってきました。

じゃん!
IMG_20180218_110828.jpg
海でもなく、梅でもなく、
一番心が動いたのは、この子猫ちゃん。
トイレの近くの草むらで、
ニャーニャー鳴いていて。
生まれて1ヶ月も経たないような
小さな赤ちゃんでした。
お母さん、ちゃんと帰ってきてくれるかな。

コウメが復帰して、初めてのアウトドア。
早速、海が見える展望台に向かって
山歩きです(ま、数分で到着したけどね)。
IMG_20180218_111339.jpg
ヤッホー。海だー!

IMG_20180218_111748.jpg
道中気がついたのですが、
実は、コウメが生まれてすぐに搬送された
こども病院が近くにありました。
(今は、移転されて便利な場所にあるけど)
おっぱいをあげるために数日間通ったことを
思い出しました。
GCUの中で一人だけ、でかい身体で
勢いよくミルクを飲んで、酸素濃度低くなって
ピーピー警告サイレンが鳴らしていたコウメ。
あれから、約10年かあ。
思い出してみると、数日前に体験したような感覚で
当時のこと、よく覚えています。
IMG_20180218_113753.jpg
この後、この階段で、駆け降り競争させられました。。。
ババアの膝、ごっつ、辛かった。。。 IMG_20180218_114327.jpg
それにしても、いい天気!
遊びに来ている人も、多かった!
IMG_20180218_122600.jpg
久しぶりのブランコ!
フライパンも久しぶり!
「コウメのお尻、大きすぎて、
 足乗せられへん!!!」
とスミレに言われていたけど、
確かにフライパンって中学生になったら
できなくなる遊びの一つかもなあ。

公園遊びを久しぶりに満喫した後は、梅園へ。
IMG_20180218_123626.jpg
咲き始めの優しい梅の花を
たくさん鑑賞できました。
ここからは、子供たちにスマホを渡して、
好きなように撮影。

IMG_20180218_123727.jpg
ユリは、キャノンのミラーレスのCMを見て
「ユリ、これ欲しい、、、」と言うくらいカメラ好き。
腕は、、、あれだけど、、、

IMG_20180218_123901.jpg
なんちゃらロウバイ。香りがきつかった。。。
(名前、覚えられへんわ!)IMG_20180218_125920.jpg
梅を堪能した後は、温室へ。

実は、須磨離宮公園って、
児童公園が所々にあって
遊具も充実しているんです。

これは、ジャンボ滑り台。
 IMG_20180218_132913.jpg
石の滑り台で、めっちゃ急なんです。
めっちゃスピード出るんです。
真ん中の所で、みんな、一旦、飛んじゃうんです。
軽いことか、飛び跳ねながらも下に降りてくるんです。

スミレは楽しみ、
コウメはビビりながら、
ユリは「絶対にやらない!」と
三者三様の関わりをした滑り台。

わたしは、、、
ズボンが破けそうだったので
やりませんでした。。。
(この手のものは、大人は
「痛さ」と「破損事故」に気をつけなければなりませぬ)

IMG_20180218_133711.jpg
ネジ!!!
DIYしたくなってきた。。。

海と梅を見た後は、これまた
コウメ復帰第1戦のアスレチック。
 IMG_20180218_134542.jpg
わたしは荷物持ちの付き添いだけだけど、
山道歩いて、膝、ガクガクです。。。
コウメ復帰戦というのは、
我が家の家族みんなにとっても復帰戦であり
この3ヶ月何もできなかったことが
どれだけ大きかったのか、よくわかります。
羽生くんと同じです。
(いや、全然同じではないが)

せっかく梅を見に来たので、
おやつも和菓子。
IMG_20180218_143906.jpg
スミレこうめは、みかん大福を。
ユリとわたしは、いちご大福を。

その後、傾斜がきつくて長い坂を
坂道ダッシュして帰りました。
(ユリが一番だった。。。
 軽やかだった。。。
 姉さんたち、完敗。。。
 スミレはかろうじて付いていけてたけど。
 わたしは坂を登るだけで精一杯。
 昔は、坂道ダッシュ20本くらい当たり前やったのに)

久しぶりに太ももの筋肉使ったー!
何度、こけそうになったことかー!
イカンイカン。運動せな。
歩くのも大事だけど、たまには走らなあかんな。

そう思った1日でした。

スポンサーサイト

けん玉にヨーヨーに*みんないいこだよ

冬季オリンピック。

テレビのない我が家でも、
今回は、ティーバーなどを見ながら
オリンピックを楽しんでいます。

「お母さんが言う、ゆずるくん、って、
 顔の丸くて、ポン酢みたいな子のこと?」

(注:ゆずるくんは、箕面市のゆるキャラです)

と、ボケをかましていたコウメですら
ようやく羽生結弦くんを理解したようです。


***

1年生のユリ。
生活の授業で昔遊びの時間が
3学期初めからたっぷりあったからか、
再び、コマやあやとりがブームです。

と同時に、クラスのお友達に感化されて
けん玉も始めるようになり、
ヨーヨーも挑戦するようになりました。

頑張る時は、結構、しつこいので、
学校から帰ってきたら、けん玉、
ご飯の最中に、けん玉(これはさすがに注意するが)
寝る前も、けん玉、
トランポリンで跳ねながらけん玉、
着替えながら、けん玉、しています。

でも、そのしつこさのおかげで、
みるみるうちにけん玉も上手になり
ヨーヨーもできるようになりました。

そんなユリが、急にお手玉したいー!と
言い出したので、
「孫用に」と保管していた
幼児用のおもちゃ箱から、探し出さないと。。




そうそう。昨日は、久しぶりに
おやこわらべうたの会に遊びに行ってきました。

スミレが年中の時からお世話になっている
おやこわらべうた。
21年間も続けてこられたその活動が
この3月で終わることに。

最後に、先生やお世話になった方に
会いたかったし、未就園児のクラスの
あののんびりした優しい雰囲気を
最後にもう一回味わいたくて。

変わらない雰囲気と、
変わらない親子の姿と
変わらない先生の優しさに触れて
こころを満たされて帰ってきました。




スミレももうすぐ6年生。

性格、人間関係、これでいいの?
勉強面、これでいいの?
周りは、塾にも行っているよ。
スポーツもやっているよ。
習い事も続いているよ。
将来の目標もスラスラ言えるよ。

目先の問題は山ほどあるけど、
まずは、子どもを受け止めてあげようよ。

抱っこしたり、おんぶしたり、
こちょばしたり、投げ飛ばしたり(笑)
一緒にひっくり返ったり、
そんなことをして過ごした幼少期を思い出して
まだ今でも、やりたきゃやっていいやん。
と思ったのでした。



「周りと同じように成長したほうがいい。
 周りと同じようにできたほうがいい。
 できないのはお母さんの関わりがあかんから」

こんな感じの対応を、
保育関係の人から受けて悩んでいた時に
ブロ友さんからモンテッソーリを
教えてもらいました。

それ以降、子どもの育ちについて、
いろいろ勉強もしたし、
そのおかげで、何を大切にしたいのか
そんなことが、何となくわかってくるようになり

「ああ、ここなら安心できる」

と、ある子育て広場に通うようになり

「ああ、この人にお世話になりたいな」

と、ある幼児教室に通うようになり

「ああ、この先生なら、うちの子を受け止めてもらえるわ」

と、おやこわらべうたに通うようになりました。


どこも、通ってよかったなーと思える場所であり
今では、私の子育ての故郷になっていて
時々「帰りたいー!」と思うこともしばしば(笑)。

残念ながら、わらべうたは、終わっちゃうし
幼児教室も来年には閉室される予定だし、
帰られる故郷はなくなりつつあるけれど、
そこで過ごした時に大切にしたことは、
子供が成長した今でも、大切にしようと
思ったのでした。

いっぱい抱っこして、
いっぱい触れ合って、
いっぱいお手伝いさせて、
「人として」「子供として」
向かい合っていく時間。
もうちょっと作っていこうっと。

目先の「勉強」は確かに気になるけれど
目先の事ばかり気にしてたら、
ほんまの子育て、できなくなるような気がするし。

だって、

「みんな、いいこだよ」

だしね。

(⇧そもそも私の思考の原点はここ。20年前の話だけどね)

でもまあ、
子供達それぞれに苦手な分野のドリル探しは
ちゃんとやらな、と思ったのでした。
(百分率!ドリルで扱っているものが少ないのはなぜだ!)




さてさて。
わらべうたに遊びに行く前の日、
私は、衝撃の1時間を過ごしていました。

というのも、その日は、コウメの参観日。
「2分の1成人式」とやらで、
子どもたちが自分たちで会を企画し
それぞれの発表をしていくものでした。

子どもたちは、それぞれ
「10年後の自分」に向けて手紙を書き
それを読み上げるのですが、
なんというかですね、イマドキの4年生って
なんというかですね。。。なんというかですね。。。


現実的すぎる!


んですよ。。。

去年、スミレも同じ趣旨で
10年後の自分に向けて手紙を書いていたのですが
その時は、先生の指導がたくさん入ったからか
みんなどちらかというと
「なりたい職業」について語ることが多くて。
なりたい職業はもちろん、
その気持ちになった経緯が
その子らしさを表すもので、
ふむふむなるほど。4年生らしくていいな。

と思ったのでした。

が、今回は「ありのままの10歳の自分でいい」とのことで
先生の指導は一切なし。
なりたい職業について語る子もいれば
性格面、生活面での改善を語る子もいる一方で、

20歳では働いていないだろう。
大学生になっているだろうと予測し
「大学に行っていたい。中でも◯◯大学なら嬉しい」
と語る子が数名いてて。

しかも大学の前に
高校受験があることはわかっているので
「◯◯高校に行って、◯◯大学に行きたいです。
 なぜなら、賢い高校だし、賢い大学だからです。
 そのために、私は、勉強を頑張りたいです」
と、高校受験の事まで語りだす子が、3、4人もいてて。

もうね、おばちゃんね、
腰抜かしそうになりましたわよ!

もちろんね、◯◯高校も
◯◯大学も、ここから
簡単に通える高校大学の中で
トップの学校なんです。

いや、そもそも、
うちの子、そんな高校名も
大学名も知らんし!

ご家庭で、どんな会話しているか
よくわかるよね。。。
そして、昨今の親は両親共
教育熱心な方が、、、非常に多い。。。
というのも、よくわかりました。。。


ま、一方で、
将来は、妖怪の世界を〜と語る男子や
ユーチューバーになるために、
いっぱい勉強したいという男子や
今は、ゴロゴロするのが好きです、という男子が
いたことだけが、心の救いでした。
(全部男子かよ!)

あ、ちなみに、高校大学名には触れなかったけれど
「10年後も努力することを忘れないでほしい」と語った
女子もいました。
今まで、努力してきたから、、、という経験に
基づいたもののようで、決して頭でっかちな意見でも
誰かに言わされた的なものでもないのですが、
おばちゃんは、この子の発言にも
腰を抜かしそうになりました。。。

ちなみに、コウメは、、、
もちろん、男子寄りの内容で、、
「楽しい人生を送っているといいなと思います」
と語っていました。

ま、そんなわけで、
えーっと
言いたいことは、
目先のことだけに捉われるな!

です。はい。

そして、赤ちゃんであれ
10歳であれ、中学生であれ、
高校生であれ、

「みんな、いいこだよ」

そう思って、我が子と向き合っていこう!

誰のためのメシだと思っているんだ!

トラ。メス。もうすぐ1歳。

きてしまいました。。。

とうとう。

あれです。あれ。

発情です。

発情期です。

いつもとは違う鳴き声を
しつこく、しつこく、しつこく発するのです。

切ないです。

ていうか、うるさいです。。。

寝れませんし、起こされます。。。

不妊手術しないとな。。。


***

ワタクシ、ここ数ヶ月、
ずっと悩んでいることがあります。

それは我が家の食糧問題について。

まず猫のトラ。

今までトラの餌は、
少量ずつではあるけれど1日3回あげていました。

このままだと立派なおデブ猫になりそう。。。

と思い、適正量を計量し、
1ヶ月前から、1日2回に変更しました。

もちろん3回あげていた時も、
餌くれ攻撃がすごくて、
ニャーニャー鳴いて気を引いた後は
餌入れ容器の所まで行って、催促のニャー。

もちろん、机の上に料理が乗っていたら
飛び乗って、むしゃむしゃむしゃ。

その度に怒っていたのですが、
1日2回に餌が減った後は、
机の上の料理だけじゃなく、
台所にある鍋の中のものも
三角コーナーの生ゴミも漁るようになりました。

挙げ句の果てには、
シンクにある排水ふたをこじ開け、
ゴミ受けを咥えて、床に落として、
中に入っているものを食べるようになったのです。

それだけでなく、
先日は、茹でた卵をお鍋に入れたままにしていたら
茹でたまごを咥えて2階の子供部屋に行き
殻を割って食べていたのです。。。

この時期、鍋に入れたおかずを
そのまま放置して仕事に行くこともあるし
(もちろん、蓋はしているよ)
ゆでたまごなんて、殻があるから
絶対に大丈夫!って思っていたのに。

猫ってこんなに食い意地張ってるもんなん???

ちなみに、以前飼っていた、はなちゃんは
人間の食べ物には全然興味を持っていなかったし
餌の催促なんて、したことありませんでした。。。


***

さて。

うさぎのぴあのちゃんは、、、というと。

こちらも、すごいです。

いつもは柵の中に閉じ込めているのですが、
時々開放してあげて、自由に動き回れるようにしています。

すると、トラの餌が残っていたら食べるのはもちろん、
ダンボールに入れてあるみかんも、さつまいもも
見つけたら必ずかじっています。

野菜高騰で、人間でさえ、
キャベツや白菜を、ちょこちょこ大事に食べているというのに
ぴあのちゃんに見つかったら、もうお手上げです。
バクバクバクー!ぎゃー!

ええ、ワタクシ、1日に何度叫んでいることやら。

こらー!勝手に食べるなー!
こらー!それはあかんー!
こらー!こらー!こらー!


ほんま、ほんま、ほんまに、
うちの動物たちの食い意地、なんとかしてくれませんか。。。

あ、言っておきますけどね、
ぴあのちゃんの牧草も、毎日たっぷりあげているし
トラの餌も、ちゃんとあげてますよ。
それでも物足りないと言う。

ワタクシ、毎日、動物たちの餌やりに
人間たちの食事作りに、ヘトヘトです。。。
私の給料、全部、食糧で消えます。。。

せめて、人間だけは、
自分の与えられたものを食べてくれるといいな。

そう思っていたら。

そう思っていたら。

そう思っていたら!


ないー!
子供たちのために買っておいたオヤツが
ないー!


犯人は、、、、、



しげお!



こらー!



そして痩せ細るかあちゃん。。。

あ、細くはなっていなかった。。。
精神的にゲッソリ、なだけ。。。ははは。


頼むから、我が家の住民のみなさん、
自分に与えられたメシだけを食べてください。
お願いします。

事実無根

先日、しげおから衝撃の事実を伝えられました。


「ぴあのちゃんかわいいなー。
 でも、うさぎ飼うことになったんは
 ママがうさぎをゴリ押ししたからやで」


えーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
私、ゴリ押しなんかしてへんし!
そもそも、シジューの誕生日プレゼントに何がいい?
って聞いたら
「うさぎがいい」ってしげおが言ったから
お迎えすることになったのに。

「いやあ、ママが「うさぎかわいいな」って
 よく言ってたやん。ゴリ押ししてたやん」

って、うそやー!
うさぎはかわいいっていうのは事実で
そりゃ、言っていたかもしれないけれど
そんなんうちの家族なら、
ぴあのちゃん飼っていなくても全員
「うさぎはかわいい」って言うに決まっているし
ゴリ押しとか言われたら、たまらんわー。
事実無根じゃー!

ぴあのちゃんが家族になった経緯

事実は、こちらです⇧

飼う時、「ママがうさぎが良いって言ったから」
なんて、しげおも、ひっとことも言っていませんから!!!

後から事実を変えるだなんて、
ファウンダー見たからやろ!
あのおっさん、野心家すぎるし
口約束守らへんし、あかんすぎるで!

映画「ファウンダー」



いちご狩り

いちご狩りに行ってきました!

IMG_20180211_114949.jpg
まだまだ青いものもいっぱいだったけど、
赤くてよく熟れたものを選んで IMG_20180211_114934.jpg
食べる!45分間の制限時間たっぷり使って
ひたすら食べる!トイレに行きたいのも我慢して
とにかく食べる!甘いものばかりではなく
酸っぱいものもあるので、練乳をかけて、
無我夢中で食べたら、80個以上は食べたかな。
 IMG_20180211_114242.jpg
ハウスの中やから暖かいやろう!と思っていたけど
意外とそんなに暖かくなくて(笑)
終わった後は、全員でトイレに直行!!!

いちご狩りの後は、公園でお弁当を食べて
ひと遊びしよう!と思って、ダムの見える公園に行ったら
IMG_20180211_123456.jpg
吹雪いてきたー!
この写真じゃわかりにくいけど、
ほんまに、ほんまに、ビューって風とともに
雪がーーーーーーーーーーーーーー!!!
  IMG_20180211_123551.jpg
子供達は喜んで、雪の中遊び始めて。
でもとにかく寒くて、こんなところで
お弁当食べられるかー!!!!ってことで
帰宅することに。

帰宅途中でも、またトイレに行きたくなって
ガソリンスタンドでガソリン入れてトイレに行って。。。
いやあ、いちごってすごいね。
どんだけ水分あるねん!ってくらい水分だらけなんやね。
その日も、帰ってから、何度トイレに行ったことか。
ほんまに、トイレな1日でした。

いちご狩りは、制限時間があるから
味わって食べられないけれど、
好きな量だけ食べられるから楽しい!

とスミレも言っていたし、
また来年も行けるといいな。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす