FC2ブログ
   
02
2
5
6
8
9
10
12
13
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
   

きました。

2月21日日曜日。きました。

いつもより早いです。かっふーん。

テスト勉強の姉さんたちを家に残し、
ユリと2人で摂津峡ハイキングに行った時にやられました。

朝、コンポストを混ぜるために外に出たり
水やりをしているときに「あ、今日、やばい」と思い
布マスクで出かけたのですが、
途中でくしゃみが止まらなくなりました。

今日は、先日の反省もあり、
不織布のマスクで庭仕事をしたのですが
残念ながら、くしゃみは止まらず、
土のついた手で触って、マスクが真っ黒に。

もう知らんわ!


庭仕事、こんな日にするもんじゃないわ!
と思いながらも、暖かくなってしまったら、
虫がうじゃうじゃ出てくるし、
寒かったら、庭に出る気にもならないし、
今日は体もよく動いていたから、
やるしかない!と思って。
馬鹿でかいくしゃみを連発しながら
庭の土を掘り返したり、ゴミを取り除いたり、
そこらへんに散らばっている鉢底石を集めたり
とにかくまあ、全部掘り返しました。

庭仕事って、基本的に下を向いてやるもので
特に今日は土を掘り返す作業だったので、
ずっと下を向いて作業をしていました。

するとね、出てくる出てくる。

大量の。

鼻水ーーーーーーーーーー。


ジュルジュル吸っては、タオルで吹き、
その合間に、はあああっくしょーん!連発。

ご近所迷惑ですよね。はい。わかってはいます。


でね。なんで、こんなことをしたかというと、
私、そもそもいろいろめんどくさがりでして。

植木鉢に植えていたものが枯れたりすると、
そのまま鉢ごとひっくり返して、
庭にバサーっと全部出しちゃうんです。

そんなのを12年繰り返していましたから、
鉢底石が、庭のあちらこちらにありまして。

最近、新しく野菜なんかを植えているんですけどね。
鉢底石ないなー買わなあかんなーと思っていたのですが
庭のあちらこちらを探したらたくさん出てきそう!
と思って、掘り返したというわけで。はい。

出てきました。いっぱい。ふふふ。

で、ついでに、いろいろ掘り返したので、
オシロイバナの巨大化した根っこなんかにも遭遇しまして
全部引き抜いてしまいました。
ああ、今年はオシロイバナに出会えないかも。。。

あ、それから、12年前ここに引っ越してきたとき
庭の端っこに砂場を作りました。
公園に行かなくても、庭で砂遊びができたら最高やん!と思って。

でもね。そこね、日があまり当たらない場所でね。
冬は寒いし、夏は蚊が大量に発生して
全然砂遊びできなかったんですよ。

でもその時、作った砂場。
あ、一応、草とか生えないように、、、と思って
しっかり掘った底に、網戸に使う網を敷いていたんですよ。
それがね、今もあってね。
見て見ぬ振りして何年も過ごしていたんですけどね。
そろそろ排除しようかと思って、
掘ったんですけどね。

庭じゅうに咲いてしまったシマトネリコの根っこが
網に絡まってややこしいったらありゃしない!
シマトネリコさん。
網戸の網にも根っこを生やしてくるんですよ。
すごいよね。しぶといね。

てことで、いろんなもん引っこ抜いて。
根っこやいろんなゴミを拾ったら
ゴミ袋2個分にもなりました。


あ、そうそう。私、密かに実験しています。

それは、ユーカリの葉っぱを堆肥化する実験です。

ユーカリの葉っぱって、全然腐らないんです。
毎年良く育ってくれるので、いつも家で飾っているのですが、
その後、捨てるのももったいなくて、
庭にぽいっと放っておくんです。

そんなことをしたら、たいていの食物の葉っぱは、
カラカラになってバラバラになって
湿って、黒くなって、土と同化していって、、、となります。

でも、ユーカリの葉っぱはカラカラになるだけ。
全然湿らないし、黒くもならない。
なんで?

土に埋めたらいいかも!

と思って、この冬、土を掘って、
庭に埋めてみたんです。
そしたら、葉っぱは、黒くなりました。
でも、まだ全然小さくならない。バラバラにならないんです。

なので引き続き、実験です。
今年の夏も越して、1年経つまで、
土に埋めて様子をみます。

どうなるかなー?

ていうか、この実験のこと、私、覚えていられるかな?(笑)

ちなみに、実験する前からわかっているのですが
ユーカリの葉っぱは、微生物による分解がかなり難しいのだそうです。
要は腐らない。毒があると言われているものだし、
油分が発生しているとも言われているので、
普通の植物の葉っぱとは全然違うんでしょうね。

でも実験です。堆肥化したらすごいやん、と思うので。


とりあえず、庭のこと、いろいろしました。

子供たちにも「こんな花粉の多い日にやらんでも、、、」
と言われたのですが、今日頑張ったおかげで、
もうしばらくは庭仕事しなくて済みそうです。

宿根スミレもたくさん咲いてきたし、
レタスとブロッコリーの苗も買ってきたし
色々やりたいことがあるんですけどね。

水やり以外は、窓から庭を眺める程度にして
大人しくしておこうと思います。

まじ花粉は辛い。。。


スポンサーサイト



ホウレンソウ

寒いー。

木曜から暖かくなる言うてたやーん。
雪降ってるやーん。

そんなわけで、今日のコウメの機嫌は超悪悪。
色々あるよね。でもさ、ホウレンソウなんだよね。
大事なことは、ホウレンソウ。
昔から言われているけど、令和の時代もホウレンソウ。
報告連絡相談。当たり前だけど、それを面倒くさがったら
人との助け合いも、一緒にいることも、全部ダメになる。
それくらい大事なこと。

大事なんだよてこと。
それをやることがコミュニケーションの大前提なんだよってこと。
これができていないと仕事ができないよってこと。
伝えられるのは私しかいない。。。

ホウレンソウ。

人から言われたら、ウザいとしか思えない話だけど
ウザがられても言うしかない。

だってできていないんだもん。

あとは段取りね。

それもね。

絶対に仕事に必要なこと。

もちろん勉強するときも、だけど。

ダンドリホウレンソウ。

もう、これは、訓練なんだよ。
自然にできる人は限られているんだよ。
ほとんどの人は訓練で習得するんだよ。
歯を食いしばってやるしかないんだよ。

色々思う木曜日。

明日は、いいこと、ありますように。

インテリアを変えていく

節分も過ぎたので、
家の中を春仕様にしたいと思い、
ちょこっとインテリアを変えていっています。

ユリに何色がいいか聞いたら
薄いグリーン(ミント色)というので
ヴィンテージファブリックを使って
緑系を増やしています。

一方で、今まで飾っていたものを
だいぶ取り除きました。

取り除く、というのは聞こえがいいけど、
取り除いた後、どこに仕舞ったらええねーん!
というところで、ただいま、悩んでいます。

長いこと飾っていたものって、
好きだからずっと飾っていたわけで
もう要らんわ!と思ったわけではなく。

今は、スッキリさせたくて飾るのをやめたけど
またいつか飾りたくなる時もくるし、、、
そんなことを思うと処分もできなくて。

ちなみに、クリスマスやハロウィンなどの
季節の飾りは、袋に入れて、
玄関の靴棚のなかに入れています。

木の実などは劣化するので、汚くなったら
庭に放っています(笑)。

問題はそれ以外のもの。
作家さんの作品などはなかなか捨てられない。
ひとまとめにして、どこかに片付ける予定だけど
そんなこんなしてたら、
どんどん物が増えていくような気がして。
それもなんとなく嫌で。

インテリアを変えていくって、
収納の問題もあるし、
なかなか悩ましいです。。。

そもそもインテリアの足し算は大好きで
好きなものを、どんどん飾っていく快感はたまりません。

インテリアの引き算はとても苦手。
省くの?本当に?いいの?なんて思いながら
「スッキリインテリアになったら、心もスッキリするはず!」
と言い聞かせて頑張っていますが、
心折れて、なかなか前に進みません。
どうしたもんだか。。。。

実家の片付けをしていると、
物を減らすことが、生活のしやすさに繋がるし
それは充実した生活を送れることの証でもあるし
必要なものだけに囲まれて生活できたら
どんなにも幸せだろうか、と思います。

でも現実はそうではない。
やはり必要でないものも多いし、
思い出のもの、とか、記念のもの、でないものの
扱い方が難しくて、悩ましいです。

実家の片付けををしたおかげで
私の「捨てる」気持ちにも火がつきました。
2月は「捨てる」を頑張りたいと思います!

実家の片付け

今日も実家の片付け。
本棚1つ分以上持ち帰り。
その他、ぬいぐるみも。

私が結婚した時に両親にプレゼントした
「私が生まれた時の体重のくまさんぬいぐるみ」
も、返却された(笑)。

親には使い切るものを
プレゼントしたほうがいいですな。はい。


捨てられない母の家からは
とにかく色んなものを「使うから」と言って
持ち帰ります。

そして我が家に帰ってから、
使えるものは使い、売れそうなものは売り、
売れないものは処分する
という分類をします。

早速、明日ブックオフがダンボール5箱集荷してくれる予定。
ちなみに持ち帰った本のうち、まだ半分は
車の中で待機中。
明日、スーパー行ってダンボールもらってこないと!

そんなわけで、疲れました。はあ。
次は何を持って帰られるかな。。。
そろそろ実家で飼っているカメも引き取らないと。。。
カメの運搬、緊張するー。

本もまだまだあるし、使わないだろうと思うものも
たくさんあります。一つずつ一つずつ処分して、
スッキリできますように。

課題に対してどう取り組むか

仕事をしていると、課題が出てきます。
それに対して、どう取り組むか、それは
ほとんどの場合、その人に任せられます。

条件がある場合もあります。
え?そんなこともOKなの?という甘い条件のこともあれば
あれもこれもNGという厳しい条件のこともあります。

甘い条件であれ厳しい条件であれ
その条件を踏まえた上で、課題をクリアしなければなりません。
できればそこに自分らしさを入れたり、
独自の視点を入れたり、独自のアイデアを入れたりできれば
なおいいでしょう。いや、これも必須条件かもしれません。

とにかく働いているといろんな課題にぶち当たります。
その度に、頭を悩ませ、あーだこーだ失敗しながら
課題をクリアする力がついてくるのです。

さて、我が家では、時々、これをやって
とミッションのような課題を出すことがあります。

今日は、私が受講している創作教室の
「はじめの絵の一歩」の「顔がいっぱい」という課題を
子供達にも課してみました。

顔の輪郭が書いたものがうじゃうじゃあるのですが
そこに目鼻口などのパーツや、髪の毛、ひげ、メガネなどを
書き加えていき、作品として完成させるもの・

顔のパーツは、そんなにたくさん思い浮かばないから
「ネットで見たり、アニメのキャラクターを真似てもいいよ」
という甘い条件を出しました。

「え?そんなん真似っこしたらあかんやん!」

スミレは最初こんなことを言っていたのですが
これは「条件」なんです。
善悪の判断をしろとは言っていないんです。
見ていいよ、と言われたら、見てもいいんです。
見なくてもいいんです。どちらでもいいんです。
とにかく色んな顔のパーツが描けたらいいんだし
その中で自分らしさを出していったらいいんです。

そんなわけで、スミレもユリもネットで色々探しながらも
自分で考えたパーツを織り交ぜたりして完成させていました。

完成後、
「この中に、アニメのキャラクターが隠れています。誰でしょう〜」
とクイズを出していました。これもアリですね。
一つの作品を通して、遊びまで考えられるなんて素晴らしいです。

で、コウメさん。

おやつを食べられる条件が
「顔がいっぱい」の課題を終えること
だったにも関わらず、最後まで維持を通して
取り組みませんでした。

悲しいです。

コウメがこういうの苦手なのは知っています。
工夫をする、ということがとても苦手なことも知っています。
だからこそ、取り組んで欲しかったのに。

苦手なのは理解できても、これから先、
仕事をしていくことになったら
絶対にぶちあたる「課題に取り組む」仕事。

下手であってもいい、失敗してもいい、
とにかくやってみること、が大事で
どう真摯にその課題に向き合ったのか、
説明できることが大事なんです。

逃げてばかりいては何も解決しません。

そこがなあ、、、残念でなりません。。。。

どうやったら取り組めるようになるのかな、、、。

プロフィール

Author:彩猫
3姉妹の育児生活は、毎日、笑いあり、涙あり、怒りあり(!)の吉本新喜劇そのもの。泣いているばかりでもあかんし、笑っているだけもつまんない。今しか味わえないそんな波乱万丈の日々を、ぼちぼち綴っています。

★ビンボーおもちゃ作り、ならびに、ビンボー遊び を考え、製作しています。ビンボー臭く、でも、楽しい遊びを、これからも紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

カテゴリ

リンク

おこしやす